マドンナ大阪ドームライブ

マドンナ様は13年ぶりの日本ツアーだそうですが、僕にとっては初めてのライブ体験に大阪ドームに行ってきました。
約2年前には大阪ドームから徒歩30秒くらいのところに部屋を借りていたのですが、今回は別のところにいるので地下鉄で大阪ドームへ。今は京セラドーム大阪というんですね。
とりあえず会場の外で記念のアルバムを買います。これの通常盤は持っているのですが、来日記念盤ということでDVDが付いているので、買ってみました。おまけにポスターと小冊子が付いてきましたが、小冊子はともかく、ポスターは貼るところがないからいらないんだけど。

会場は比較的年齢層の高そうなお姉さまがたくさんいらっしゃっています。きっと昔から好きだったのでしょう。僕はそれほど昔から好きだった訳ではありませんが、デビュー当時は僕が中学生で洋楽に興味を持ち始めた頃だったので印象に残っています。その後彼女はすっと第一線で活躍し、どんどん力強くなっている様子を見てなんとなく気になってきました。しかも2000年ごろからイギリスに住むようになったし。

19時を20分ほど回ったところで客電が落ち、ライブのスタート。マドンナ様はおっきなミラーボールの中から光臨です。僕の席はスタンド席でしたが、遠くからでも光り輝いて見えます。周りの男性ダンサーを蹴散らす様子などはまさに女王様です。今月のロッキングオンの記事にも書いてありましたが、思わずマドンナ様と敬称をつけなくては呼べないような堂々とした雰囲気を出しています。金髪の奥からの鋭い目線だけで痺れてしまいそうです。

冒頭の3曲目くらいでLike A Virginが始まると、思わず中学時代にベストヒットUSAやMTVなんかで一生懸命洋楽を聴いていた頃を思い出して、あの頃ビデオでしか見られなかったマドンナ様を今生で見ていると思うと、つい涙が出てしまい、目をこすっていたらコンタクトが片目だけずれてしまいました。幸運にもまだ目の中にレンズがあったので、ライブ中でしたがトイレに行ってコンタクトを入れ直してきました。

その後も上に挙げた最新アルバムからの曲を中心にどんどんステージが進みます。途中でバンド形式みたいな構成になった時に、マドンナ様は黒い衣装に黒いレスポールを抱えて弾き始めました。ギターを持つマドンナ様もかっこいいです。ギターバンド好きの僕としてもうれしい構成でした。そして最後にはついに出た、紫色のレオタード姿のマドンナ様。今晩は夢にマドンナ様が出てきそうです。