The Who@日本武道館

会社を休んで東京に滞在し、僕にとっては最後のThe Whoのライブに行く。4時頃に武道館に着くと、会場の中から大きな音が聞こえる。リハーサルの音が外からも聞こえるようだ。
武道館では会場の外に横断幕が出ていた。横浜さいたまもこういうのがなかったので少し寂しかったが、やはり武道館だと主催側も気合いが入るのだろうか?当然ながら記念撮影をする人が多い。


5時過ぎに友人と合流。僕以外の友人は会社帰りだが、今日は仕事が手につかなかったそうだ。最初に合流した友人は、横浜で一緒に行った友達の友達。前日にさいたまで初めて会ったのだが、とてもいいやつですっかり意気投合してしまった。今日も缶ビールを持ち込み、外で乾杯。でも昨日の教訓を生かし、2本で止めておき、ライブ前にトイレに3回行った。昨日も2回行っていたのだけど、最後までは我慢できなかったのだ。

開演時刻の10分ほど前に中に入る。今日は2階席。でも武道館はアリーナ部分が他の会場よりも狭く、スタンド席でもステージまでの距離が近い。しかも上から見下ろす感じなので、ステージがよく見える。ステージの横も壁というか幕もないので、開放的なステージだ。3回目のライブなので見る方も余裕が出てきて、違った角度から見るのもいいものだ。観客の声もこれまでよりも大きく聞こえ、そのせいかステージ上のロジャーもピートも機嫌が良さそうに見える。アンコール前の曲も横浜やさいたまとは順番が異なり、しかも1曲余計に演奏した。もっとも僕の知らない曲だったのでちょっと残念だった。それでもきっちり2時間でステージ終了。ついに夢の時間が終わってしまった。

帰りは、常磐線で一番遠くまで帰る僕のために、皆で上野駅にあるパブ風ファミレスでキルケニーを飲む。6人が入るのに最初は席がなくて、立ち飲みでもいいのにと思うのに、このお店はそれを認めてくれない。ファミレスと呼ぶ所以。まだ時間に余裕のある友人たちを残して、23時の最終の特急で東京を後にした。