読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luar na Lubre / Torres Armband

HMVのオンラインで購入。
このバンドは、スペインのガリシア地方のケルトトラディッショナルバンド。スペインもヨーロッパの辺境なのでアイルランドのようなケルト音楽が残っているようだ。

Caminos Da Fin Da Terra

Caminos Da Fin Da Terra

というのは後から知ったもので、Liverpoolのスペイン人ストライカーFernando Torresのチャント"Torres Armband"を調べていたら、元歌は"The Animals Went In Two By Two"というものらしいというのがわかった。
"The Animals Went In Two By Two"は子供向けの歌のようで、さらに調べてみると、「ジョニーが凱旋するとき」だとか「ジョニーの凱旋」だとかいうタイトルでアメリカの南北戦争の北軍の帰還兵を讃える歌のことでもあるようだ。
さらにその歌を調べたらスペインの"Os Animais"という歌で、それを歌っているバンドがLuar na Lubreということらしいことがわかった。
Fernando Torresはスペイン出身だから、このバンドの歌が元になっていると考えた方がいいのかも。ケルト音楽と言うとアイルランドが有名だけど、「ジョニーの凱旋」もアイルランンド出身の作曲家が絡んでいるようだから、似たような雰囲気だ。もともと僕もアイルランドケルト音楽は好きなので、これはアルバムを聴いてみなくては、と思い購入したもの。


ちなみに"Torres Armband"の歌詞はこれ。こういうチャントはたくさんあって、いわゆる替え歌だけども、よくメロディーに歌詞をあわせるものだと感心してしまう。


His armband proved he was a red - Torres, Torres
You'll never walk alone it said - Torres, Torres
We bought the lad from sunny Spain
He gets the ball he scores again
Fer-nan-do Torres, Liverpool's number nine.



Luar na Lubreについては、こちらを参照。
http://www.luarnalubre.com/

「ジョニーの凱旋」については「wikipedia:ジョニーが凱旋するとき」を参照。