プロ野球オールスターゲーム in いわき

東日本大震災の後の復興支援試合として、2011年の宮城、2012年の岩手に引き続き、2013年は福島県いわき市プロ野球オールスターゲームが開催されることが決まったとき、近いけど福島の人たちが楽しむものだから僕は見に行かなくてもいいや、と思っていましたが、開催日が近づいていろいろ情報が上がってきて、試合途中に猪苗代湖ズが演奏するという話を聞いたとき、ちょうどその日は会社も休みということもあり、やっぱりスタジアムで見たくなってきました。そうはいってももうすでにチケットは完売なので、せめて開催地の雰囲気を味わいたくて、平競輪場で行われるパブリックビューイングに行くことにしました。



会場ではビールも飲みたいので車ではなく電車で行くことにしました。いわき駅まで各駅停車で1時間とちょっと。いわき駅前にはオールスターの横断幕やのぼりが立ち、駅前にはスタジアム行きのシャトルバスが待ち構えています。しかしチケットを持たない僕はシャトルバスを横目に平競輪場に向かって歩き出しました。

しかしここでふとTwitterを見ると、なんとチケットが余っている、という人からのメッセージが来ていました。半信半疑でやり取りを続けていると、どうやら本当らしいので再びいわき駅前に戻り、シャトルバスに乗り込みました。


オールスターが行われるいわきグリーンスタジアムは、2011年10月にがんばっぺ!いわき復興祭のときに訪れた21世紀の森公園の中にあります。約15分くらいして公園に着き、待ち合わせ場所で無事にチケットを譲り受けることができました。その時既に試合開始の直前でした。急いでスタンドに入ると、座席はネット裏のとてもよい席でした。席に着くと間もなくプレイボール。ぎりぎり間に合いました。

プロ野球の試合を生で見る機会はそう多くありません。出張で福岡や大阪に行っていたとき以来です。テレビ観戦もあまりしないので選手の名前はうろ覚えですが、さすがにオールスターともなると各チームで活躍する選手ばかりが集まりますので、知っている選手が多いです。選手たちの一挙手一投足にわくわくします。気がつくと周りのお客さんもみんな笑顔で観戦しています。

いわきグリーンスタジアムは震災の後は自衛隊の野営地になっていわき、福島の復興作業にあたっていました。そんな野球場で華やかにプロ野球オールスターゲームが開催され、その試合を見ていると思うと涙が出てきます。

遠くに見える外野席にはそろいのユニフォームを着た野球少年たちで埋め尽くされています。福島県内の子どもたちが無料招待されているのです。


オールスターゲーム球宴とも称されるようにお祭りムードが広がります。試合の合間にはなんどもアトラクションがあります。各チームのチアガールがフィールドに出て踊る時、両側のベンチの上にはフラガールのダンサーたちが踊っていました。これぞいわきの名物です。

そして5回裏の攻撃が終わったとき、レフト側にトラックに乗って現れたのが我らの猪苗代湖ズ。2011年の紅白歌合戦でも披露した「I Love You & I Need You ふくしま」の生演奏が始まりました。

福島にボランティアに行くときにいつも聴いていたこの曲を、僕も一緒になって歌いました。演奏の後は花火もあがりました。また涙が出てきて、試合が見えなくなりそうでした。その後も、試合中に震災後のいわきを思い出し、何度も涙が出てしまいました。

試合の方はもはやどちらが勝っても構わないくらい観戦そのものを楽しんでいましたが、まずはセントラルが5回表に1点を先取し、その後8回裏にパシフィックが注目の新人大谷選手のタイムリーで同点に追いつき、その後内川選手のタイムリーで逆転、試合はそのまま3対1でパシフィックの勝利で終わりました。僕はどちらかというと地方色豊かなパシフィックを応援していたので、パシフィックの勝利でよかったです。

他には今年のオールスターで唯一福島県出身日本ハム矢貫選手が登場したのも印象深かったです。

試合の後のヒーローインタビューや表彰式も見て、スタジアムを後にしました。

実は試合途中から雨が降り出していたのですが、幸いスタンドは屋根がある場所だったので気になりませんでした。しかし試合が終わってからだんだんと雨が激しくなり、バスを待っている間には雷まで光ってきて雨具を持たないで来てしまった僕は全身ずぶぬれになっていまいました。しかもいわき駅行きのバスはなかなか来なく、このままでは最終電車に間に合わないと判断した僕は、最寄り駅である湯本駅まで歩いていくことにしました。

一旦小降りになったと思った雨はその後再び土砂降りになり、初めての道を多少不安になりながら湯本駅まで約30分弱歩き、この日のために終電後に仕立てられた臨時列車「復興いわきベースボール号」になんとか間に合いました。電車に乗り込んでもシャトルバス待ちのため定刻を過ぎても少し発車待ちとなりました。試合終了後のオペレーションには多少不手際があったようです。

そしてこの雨で、パンツの中までぐっしょり濡れて、行き帰りの電車の中で読むために持っていった本や、記念に買ったプログラムもすっかり濡れてしまいましたが、思いがけず球場で生観戦できたので気になりません。まるで夢のような1日でした。



そのほかの写真はfacebookのアルバムをご覧下さい。



試合結果の詳細はこちら。
http://bis.npb.or.jp/scores/allstargame/boxscore2013_3.html