Beady Eye @横浜アリーナ

ゲムアーチャーの怪我により去年の夏のSummer Sonicの出演が直前にキャンセルになり、それ以来の来日ライブ。今回は単独ライブだったけどBeady Eye以外にもDJだったり前座だったりがあるプログラムでした。
平日夜に横浜に行くのは帰りの足も含めて厳しいものがあるけど、なんとかクリアして、車と電車を乗り継いで19時ごろに横浜アリーナに着きました。

入場時にドリンク代500円を払うことになったけど今日は帰りに運転しなくてはいけないのでビールは飲めないのが残念。

19時からのステージは元スーパーカーのナカムラコージ。よくわからない人だったけど、そういえば音は90年代によく聴いてた、どの曲とは言わないけどイギリスのバンドの曲に似ている。あれからもう20年か。

その後、予定ではアランマッギーのトークショーとなっていたけど、いつの間にかステージに照明がつきBeady Eyeが登場。

Liamは髪を短く切っていてほとんど坊主頭に見えました。oasisのWhateverのプロモのイメージか。

曲は2枚のアルバムからやったけどどちらかと言うとファーストの曲の方が良いかな。一緒に口ずさめるし。

僕にとってこれで3回目のBeady Eyeのライブだったと思うけど、3回目にして初めてoasisの曲を2曲、Live ForeverとChampagne Supernovaをやってくれました。嬉しかったけどやっぱりそこにNoelがいないのが寂しかったです。

ライブは1時間10分くらいで本編が終了し、一度袖に引いた後で再び登場。アンコールにはThe Rolling StonesのGimme Shelterを1曲だけやって終わりでした。


平日夜のライブだったからやはり客席には空席が目立ったし、ドリンク代を払っているのにソフトドリンクは3種類、しかもそのうち1種類は19時の時点で品切れだったり、やらなかったと思ったトークショーも実はロビーでやってたという話もあり、運営的にはいろいろ疑問があったけど、それでもLiamの歌声が聴けてよかったです。