読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RockCorpsいわきオーガニックコットン栽培


「4時間以上のボランティア活動をすると、アーティストの音楽イベントに参加できる」という仕組みのRockCorpsというものに参加してきました。

音楽イベントは福島市で9月に開催されるようですが、その前段としてのボランティア活動も福島県を中心に各地で行われました。その中で僕が選んだのは、いわき市でのオーガニックコットン栽培のボランティアでした。

このオーガニックコットン栽培を行っている団体というのはいわき市NPOザ・ピープルなのですが、このNPOの理事長は震災後には小名浜の災害ボランティアセンターを運営していた人でもあり面識があったので、それもこのボランティアを選んだ理由でした。

アーティストの音楽イベントと言っても現時点ではどのアーティストが出演するかはわかりません。それよりも、震災による直接、間接の被害により農業を断念した農耕地を活用して地域に活気と仕事を産み出すオーガニックコットン栽培というものに興味があって参加しました。

集合は常磐線の泉駅でした。いわきに行く時はいつも車だったのですが、泉駅に車を止める場所があるかどうか分からなかったので電車で行くことにしました。

家の最寄り駅から各駅停車に乗り、約1時間で泉駅に着きました。駅前には既にボランティアバスが停車していました。
集合は泉駅に9時でしたが、事前に聞いていた予定だと実際の活動場所は小名浜で開始時間は11時となっていました。泉から小名浜まではすぐ近くなのに2時間もかけて移動するのはどういうことかと思っていました。

その答えは、バスの中でオリエンテーションがあるのでした。と言っても、単にボランティア活動前の注意点を説明するだけではなく、なんとバスで隣り合わせになった人同士で他己紹介しあう、というのを34名の参加者全員分を行ったりして、出発前にいろいろな仕掛けがあるのでした。今までボランティアやお手伝いには個人で参加することが多かったので、こういったやり方は新鮮でしたが、最後に音楽イベントがあるという点でもユニークなイベントです。

そんな感じで空気も和んだところでバスはやっと出発し、今日の活動場所に到着しました。そこでザ・ピープルの方々と合流します。
コットン栽培と言っても長いスパンのプロジェクトですから、今日行うのは畑に畝を作り、肥料を撒き、マルチと呼ばれるシートを掛けるという作業でした。畑仕事はやったことがないので教えてもらいながら、楽しく作業しました。


お昼を食べた後、午後の作業を再開したのですが、1時間ほどで急に大雨が降ってきてしまったためこの日の作業はそこで終了となってしまいました。本当は4時間のボランティアのところ2時間くらいしかできなかったのですが、それでもちゃんと音楽イベントの参加券をもらうことができました。

再びバスで泉駅に戻り、全員で集合写真を撮って解散です。一緒に活動した人と連絡先を交換したり、9月のイベントで再会しようと約束したりしました。


大雨に濡れて体が冷えてしまったので、帰る前に湯本の温泉に入りました。そして電車で来たこともありその後居酒屋でビールを飲んで帰りました。

今回のコットン栽培は作業が途中で中断してしまったこともありなんだか不完全燃焼でしたので、今度は個人的に活動に参加してみたいと思いました。

ちなみに今日の作業で最初に水路の掃除を行ったのですが、その時に長靴の中に水が沁みていることに気がつきました。震災後に買って各地のボランティア活動やお手伝いでお世話になった長靴もお役御免でしょうか。長い間ありがとう。



RockCorpsについてはこちらを参照。
http://rockcorps.yahoo.co.jp/2014/

NPOザ・ピープル
http://www.iwaki-j.com/people/index.htm