読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paul McCartney 18 May @国立競技場

音楽 LIVE


ポールマッカートニー国立競技場ライブの2日目というか昨日のが延期になったので今日が初日となるはずだった日、東京のホテルで目が覚めると昨日に引き続きいい天気。でも気分がいまいちなのはやはりポールマッカートニーの体調のこと。昨日が体調不良だったとして1日で回復するのかどうか、詳しい病状はわからないけど今日のライブをやる確立は五分五分だろうと思っていました。

だからと言って僕たちファンはどうすることもできないのでただひたすら回復を祈るだけです。

昨日泊まったのは京王線笹塚駅近くのホテルでした。笹塚と言えば長年愛読している「本の雑誌」を発行している本の雑誌社が昔あったところ。笹塚には初めて来たのですがせっかくなので国立競技場に行く前に昔の事務所があったところに行ってみました。


笹塚駅に戻り国立競技場に向かいます。

今日はVIPチケットというものを購入していたので本番前のサウンドチェック(リハーサル)を見るため早目に国立競技場に着く必要があります。13時から受付開始とのことでしたが、早く着けばその分より前方に行けるという話も目にしていたので、11時過ぎには国立競技場に着きました。

憎らしいほどいい天気の屋外で13時まで待ちましたが一緒に並んだ初対面の方たちとファン談議をしてたのでそれほど苦になりませんでした。

13時に受付が開始されてお土産を受け取った後、会議室のような場所で椅子に座って待機となりました。去年もサウンドチェックに参加したのですが、その時の待機場所はただの通路だったので、それに比べるとだいぶ待遇が改善されていると思いました。

しかし昨日のように15時を過ぎてもまだ待機場所から移動する気配がありません。でもまだ公式発表がないのでただ待つだけです。

途中で係の人がペットボトルの水を配りましたが、その頃には半分諦めて、でもまだ僅かに残る可能性を信じて、やはり待ち続けました。

でもとうとう16時過ぎにはとうとう公式に今日の公演延期が発表されてしまいました。

待っていた人の中には発表が遅いことに声を荒げる人もいましたが、ポール本人もギリギリまでやりたかっただろうし、この場にいる係員や主催者であるプロモーターに文句を言っても仕方がないことです。

でもやはり今日も中止となると残念で涙が込み上げてきました。何と言っても今日の席はフロントロウで、1番前の席だったのです。一応延期になった場合でも今日のチケットは有効だろうけど、今日みたいに週末に開催されるかどうかもわからないので、その時に参加できるかわかりませんから。

ある程度覚悟はしていたとは言え、実際にそうなってしまうとやはりショックでした。払い戻し等の案内のチラシをもらい、今日来ていた友人と合流して会話をしながら千駄ヶ谷の駅に向かい、駅ではまた別の友人と合流して、新宿に移動して昨日に引き続き残念会を行いました。

2日続けて残念会とはホントに残念でしたが、何よりポール本人の体調が第一です。今のところ次の武道館と大阪のライブは予定通りなので、次のライブが無事に開催されることを期待します。