読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名取、閖上2日目

名取の2日目はまず皆で閖上朝市に行きました。
ここの朝市では買ってその場で食べられるものもあるので、本当はホテルの朝食もいらないくらいだったのですが、ホテルが朝食付きだったので軽く食べてから朝市に来ました。
朝市は以前来たときに比べると建物が増えていました。相変わらず炉端焼きコーナーもありましたが、今回は炉端焼きはやらずに、玉こんにゃくと白身魚のフライを買い、仙台味噌の味噌汁は試食のものをいただきました。

それとお昼ご飯をこの朝市で調達しました。


全体での行動はここまで。朝市のすぐ近くにある追悼碑のところで2班に分かれました。
僕の班はこのまま閖上に残り、STEPという団体の閖上地区行方不明者捜索活動に参加します。
もう1班は南三陸方面に行くことになっています。

捜索活動は9月以来の参加です。これまで捜索していた場所は予定の箇所を終えたそうで、これからは工事関係者のみしか入れないより海側の場所での捜索活動になったとのことです。

朝市会場の近くの広浦橋は普段はゲートで区切られていますが、STEPはこの捜索活動のために立ち入り許可証をもらっているそうです。
今日の参加人数は13名でした。昨日会ったみつとめさんも参加していました。この捜索活動は側溝に埋まった土砂を掘り出して、探して埋め戻す、という作業です。今日の場所は浜に近い場所でほとんどが砂なので掘り出すのはそれほど苦になりませんでした。しかしその砂の山を少しずつ崩して何か行方不明者の手がかりがないかを探すのは意外と時間がかかりました。空は雲一つない青空です。1時間ごとに休憩を入れながら頑張りました。


12時になるとお昼休憩です。日和山の下にある東屋に移動して皆でお弁当を食べました。僕が朝市で買っておいたお昼ご飯はおにぎり3個セットときゅうりの漬物です。

閖上の捜索活動に参加する時、いつもはコンビニで買っていたのですが、今回は朝市で買ったものなのでいつも以上に地元感がありました。

午後も相変わらずいいお天気です。青い空が目に沁みます。

午前中で帰った人もいたので午後は少し人数が減ってしまいました。その分一人当たりの捜索して埋め戻す量が増えてしまいました。いつもなら午後3時ごろには終わりになるところですが、今日は4時過ぎまでかかってしまいました。

結局この日はあまり手がかりになるようなものは見つかりませんでした。でも今日何もなかったからと言ってこの活動はおしまいではありません。まだ探していない場所があるので、皆で手分けして少しずつ探していくのです。

今日一緒に活動に参加した仲間とはここでお別れです。そして僕は南三陸に行っていた班と名取駅で合流しました。当初の予定では帰る途中の相馬あたりで夕食かと思っていたのですが、時間が遅くなってしまったので相馬に着く頃には目的のお店は閉まっている可能性があることがわかりました。そこでもっと手前の山元町で夕食をとることにしました。

山元町で入ったのは地元では有名な「田園」というファミリーレストラン風の郷土料理のお店です。ここでは皆ではらこめしを食べました。山元町は3年前にはスコップ団でさんざん訪れた場所でしたが、その時は時間の関係で山元町で夕食を食べたことはありませんでした。そんなことを思い出しながら食べたはらこめしは涙が出るほどおいしかったです。


はらこめしを食べ終えたところで今回のミニツアーの団体行動はおしまいです。後はそれぞれの家に向かって別々に帰りました。

昨日,今日と宮城の仙南地方のうまいものをたくさん食べたような気がします。天気にも恵まれて大きなトラブルもなく過ごすことができました。いつもは一人で東北に行っていましたが、今回は仲間と行ったので気分も違いました。
また皆で行ってみたいと思いました。