読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートルズのチカラ!

いわきで開催された「ビートルズのチカラ!東北「復興」ツアーライブ Vol.12」に行ってきました。
これはビートルズの音楽を通じて東北の人々を勇気づけようと、福島や仙台で活動するビートルズバンドが中心となって、2011年7月から東北各地で開いているイベントです。ポールマッカートニーが2013年に来日したころにその活動を耳にしてずっと気になっていたのですが、今回初めていわきで開催されるということで行ってみました。


会場はライブが楽しめるバー、The Queenです。


13時になり、福島復興大使の高校生、柴田君の開会宣言から最初のバンド、The Foresailのステージが始まりました。
The Foresailのベース担当、松浦さんがこのイベントの主宰です。



3番目のステージには、ビートルズ業界では有名な永沼忠明さんが登場です。松浦さんの話では、2ヶ月ほど前に連絡があり、「ビートルズのチカラ!」の活動に賛同してぜひ出たい、ということで、今日は夜に東京でステージがあるそうですが、「ビートルズのチカラ!」の30分のステージのためにわざわざ駆けつけてくれて、しかも交通費もギャラも受け取らなかったそうです。素晴らしい。



そのほかにも10年、20年と活動するベテランプレイヤーや、結成して2、3年というバンドなど、編成も正統派4人組だけでなく、ギター2人組があったり、アコースティックギターカホンで演奏するバンドがあったりバラエティーに富んでいました。ずっと座って聞いているので途中にはなんとヨガまでありました。


それでもただ楽しいだけでなく、MCだったり司会の人によるインタビューだったりで出てくる話が、経営する飲食店が津波の被害にあったことや、除染の廃棄物が山になっているのが職場から見える話、おじいさんが双葉町に住んでいたので双葉町にはよく来ていたことなどだったりして、そういう人たちがビートルズの音楽で勇気づけられ、そして自分たちで楽しむことで周りを元気づけようとしていることがわかりました。


このイベントの収益は経費を除いてすべて復興支援の寄付に回しているそうで、今回はNPO法人 福島震災孤児遺児を見守る会に寄付されるそうです。


最後にいわきのバンドが登場すると、地元のせいか客席も盛り上がり、立ち上がって踊りだしました。


全部で11組のステージが終わると、最後は出演したバンドのメンバーが全員ステージに上がり、客席も一緒になってHey, Jude、Imagine、Stand By Meを歌ってお開きとなりました。


終わったのは20時。7時間もずっとビートルズを聴けて楽しかったです。


会場を出る時に松浦さんと記念写真。松浦さんは2013年にポールが東京ドームでライブを行った時、バックステージでポール本人に会ったことのある人です。あの時ポールは、福島の人々に捧げます、と言ってYesterdayを歌ってくれたのでした。




全バンドの写真はFacebookのアルバムにて。



この日のことが福島民報の記事にもなっていました。
http://www.minpo.jp/news/detail/2015070523882