信州2日目 信濃追分〜姨捨

行程

時刻

路線、列車番号

信濃追分

7:15

 

 

 

信越本線327M

上田

7:52

 

 

8:40

 

 

 

信越本線3006Mあさま6号

小諸

8:52

 

 

10:20

 

 

 

バス

白樺湖

11:53

 

 

14:15

 

 

 

バス

小諸

15:50

 

 

16:10

 

 

 

信越本線3021Mあさま21号

長野

16:48

 

 

20:14

 

 

 

篠ノ井線1248M

姨捨

20:49

 

 

支払いメモ

場所

項目

金額

小諸

Cロッカー

¥200

 

懐古園

¥200

長野

本(ガイド)

¥880

 

ふろ

¥250

 

 

¥30

 

ジュース

¥100

 

やぶそば・山菜そば

¥670

 

サンドウィッチ

¥180

 

合計

¥2,510

 

メモ
信濃追分で眠る。昨夜、軽井沢に行ったのは食料調達のため。10時半ごろ眠る。
寒さのため、2、3、4時に目が覚めるので、4時すぎに起きる。
下りホームの待合室に寝たが、ここからは木々がじゃまで浅間山は見えず。上りの方はよく見える。
ホーム待合の電気は消えていたが、(夜のうちに)本屋の方はずっとついていた。
6時15分ころ、じっとしていてもつまらないので散歩する。
うしろに散歩のおやじさんがいてびっくりした。今日は特別寒いという。せんろ脇の家を指し、「ドリフの中本工事の家だ。もう少ししたらくるだろう。夜になるとじゃらじゃら(マージャン)うるさいんだ」と笑いながらいう。すぐに別れる。
追分宿の油屋、本陣跡まで行く。約50分、気持ちよかった。
懐古園8:50〜5:00 200円。夜は無料
バス 芦田で11:03〜11:10 停車 客は3人
たてしな牧場に簡〒。白樺湖2人連れ及びグループばかり。
人造湖だし周りもみやげ物というより東京にあるような店だし、音楽も外に流している。なぜこんなところまできてそのようなものを求めるのか。なにをしにきたのか。バスを降りる前に車が渋滞してその時くるんじゃなかったと思った。
途中のバス停はわらぶきで納戸風。外はさむい。
湖のそばよりも途中の農村風景の方がずっといい。かわらぶきのバス停も。
長野、善光寺を見て、白樺湖のいやな思いもなごむ。やっぱりいいものはいい。
善光寺前郵便局はすごい。寺のようなたてもの。門前はずっと坂道で、アーケードとたてものが(図)のようになっていた。
善光寺ではおみくじの自販キが!寺の内部は上がることはできたが中の奥はしまっていた。6時すぎごろ。
旅の無事を願う。
姨捨駅車内の自販キの音がうるさい。
 
2020.5.2追記メモ
大学3年のゴールデンウィーク。宿泊地姨捨駅。
 

f:id:ScouseKats:20200502195920j:plain