茨城アストロプラネッツ v 神奈川フューチャードリームス

常陸大宮市民球場でのアストロプラネッツの試合。

 

今日はベガスダンサーズが登場するのでそれが1番のお目当て。

開場後にチェキ会がありましたので、一緒に写真を撮ってもらいました。

この時はマスクなしのお姿。

今日はMeissaさん、Miramさん、Maiaさん、Ainさんの4人です。いつもマスク姿なのでマスクなしのお顔が新鮮です。

 

オープニングパフォーマンスの後、バックネット裏の一番前の席の僕に向かって手を振ってくれてこのポーズ。

 

試合は3回裏に相手ピッチャーのコントロールが突如乱れ、死球で満塁になった後なんと3者連続ストレートの四球であっけなくアストロプラネッツが3点先取。2アウトの後の内野ゴロで攻撃終了かと思ったらなんと内野安打で1点追加、4点リードです。

 

4回表は神奈川に3点取られましたが、その裏にはアストロプラネッツが4点を追加し8対3でリードしました。

 

しかし5回表に雷雨で試合が一時中断します。10分ほどで再開しましたが、5回裏の後、グラウンド整備が終了したところで再び中断。

すぐには再開しそうもないと思ったら、バックネット裏の屋根のあるスタンドにベガスダンサーズがやってきてダンスを見せてくれました。グラウンドの中を撮るために望遠レンズをつけていたカメラで至近距離を撮ると必然的にアップの写真となります。頻繁に目が合うのでドキドキしちゃいました。

 

1時間ほどの中断の後に試合は再開。

 

6回からは継投となりますが、7回表に2点を取られて3点差。さらに9回表にも2点を取られ1点差。さらにランナーが2人残り、逆転されるかとヒヤヒヤしましたがなんとか抑えて8対7で試合終了。

 

今日のMVPは先発した背番号17の二宮選手でした。

 

では最後にベガスダンサーズの姿をたっぷりと。

まだメンバー全員の名前は覚えられないのですが、今日登場した4人は覚えました。

まずはキャプテンのMeissaさん。


Maiaさん。

Ainさん。


そしてMiramさん。

Miramさんは、前回牛久の時にいっぱい目線をくれたのですが、今日もバッチリでした。


 

 

最後に4人のパフォーマンスとお見送りの時の集合写真。

 

 

 

水戸 v 横浜FC

今日は2020年シーズンのホーム開幕戦以来の声出し応援が可能となる試合となりました。声出し応援可能エリアはバックスタンドの自由席のみ。僕はバックホーム自由席のシーズンパスポートを持っているのでそのエリアに入場することは可能なのですが、声を出していい代わりにアルコールを飲んではいけない、ということになっていました。その代わり、バックホーム自由席のシーズンパスポート保持者はメインサイド自由席に入場可能、となっていました。こちらでは声は出せませんがアルコールは飲めます。声出し応援も捨て難いですが、ビールも飲みたい。僕はビールを優先してメインサイド自由席に席を取りました。

 

メインスタンドに入って応援するのは随分と久しぶりです。スタジアムについてまずは座席を確保したあと、試合前のイベントを楽しみます。

 

今日の対戦相手、横浜FCのマスコットキャラクター「フリ丸」も来ていました。

 

試合開始時間が近づいてきてスタンドに戻ります。

もちろん片手にはビールです。

 

選手のウォーミングアップの時、ついにバックスタンドから声援が聴こえました。

僕のタオルマフラーに書かれた文字も、チャントの中の一節、「水戸を愛する俺らの声が聞こえているだろ?」です。

2020年2月の試合以来約2年半ぶりのチャントに思わず涙が出そうになりました。

 

試合の方は、前半21分に混戦の中から木下選手がゴールして先制します。

 

しかし前半のうちに同点に追い付かれてしまいました。

さらに後半にはかつて水戸にいた小川航基選手に逆転のゴールを決められてしまいます。

 

水戸もスタンドからの声援をバックに攻めます。アディショナルタイムにゴールネットを揺らした、と思ったらオフサイドでノーゴール。1対2で悔しい敗戦となりました。

 

試合終了後には小川選手と、もう一人同じくかつて水戸にいた山谷侑士選手が水戸のサポーターに向けて挨拶に来ました。

 

ちなみに今日は、スタジアムに行く前にビールを3杯、スタジアムに着いてからは試合開始前に3杯、試合中は前半に1杯、後半に1杯飲みました。ビールを飲みながら声を出して応援できるのはいつになるのでしょう?

 

 

水戸 v 岡山

この試合からキックオフ時間が夕方6時になりました。昼間は35度を超える暑さだったので、試合時間が遅くなって助かりました。

その分試合開始までの時間に色々イベントを楽しみました。

 

なぜか福島ユナイテッドのマスコットキャラクター、赤兵衛が来場。

 

7月にアウェイで試合がある甲府からは山梨県中央市のとうもろこしをいただきました。

 

イベントステージでは宇宙まおさんのミニライブ。このあと水戸工業高校のジャズバンド部の演奏もありました。

 

今日は茨城町の日ということで、茨城町にあるお店のしじみラーメンをいただきました。

このお店はバス旅のテレビで紹介されて一度行ってみたいと思っていたところでした。

 

それからフェスでお馴染みメロンまるごとクリームソーダが、茨城町のメロンを使って出店していました。フェス会場で買おうとすると行列が長いので今まで買ったことがありませんでしたが、今日はほとんど並ばずに買えたので初めて食べてみました。メロンが凍っていて今日のような暑い日には最高です。

 

食べ終わった後はレモンサワーを買ってメロンの中に入れ、メロンレモンサワーにして引き続きメロンを味わいました。

 

そしていよいよ試合開始。

今週、何人かの選手がコロナ陽性になったと発表があったため、先発メンバーも多少入れ替わっていました。そして相手は現在リーグ4位の岡山。前半に相手コーナーキックを森選手がクリアしたと思ったらトラップの時に腕に当たったということでPKになってしまいました。これを決められて岡山が先制します。

このあと、飲水タイムで試合が一時中断します。昨シーズンまであったコロナの影響による飲水タイムは今シーズンはなくなりましたが、今日は暑さのための中断でした。

 

後半、出場停止が開けて今日から先発した木下選手のシュートは惜しくもポストに当たってしまいました。その後のチャンスは今度はオフサイド。なかなか得点が決まらず今日はダメかなあと思っていたら試合終了間際の88分に安藤選手の同点ゴールが生まれました。

 

それからはスタンドも盛り上がり、手拍子で選手を後押しします。水戸も攻め続けて再三シュートを放ちますが、ポストに当たったり相手キーパーの好セーブに阻まれ、1対1の同点で試合終了でした。あと一歩で勝てそうな試合でしたが、リードされてからの引き分けだったのと、得点してからの興奮のまま試合が終わったので十分満足でした。

 

 

エリザベス 女王陛下の微笑み

映画の内容について多少ネタバレがありますのでご注意ください。

 

イギリスのエリザベス女王の映画。イギリス好きとしては見ずにはいられませんでした。

今年で96歳、在位70周年だそうです。

さまざまな映像からスピーチや国民との交流などが紹介されます。若い時も歳をとってからも同じようなスピーチをするシーンがモンタージュのように出てくるのですが、容姿はもちろん変わっても印象は全然変わりません。あとでパンフレットを読んだら、公務の時は同じような服や小物を着用して一定の印象を与えているのだとか。

女王がまだ王女だったり即位したばかり頃の映像はあまり見る機会がないので興味深く見ました。1953年の戴冠式の映像は、今までモノクロでしか見たことがありませんでしたが、この映画ではカラーだったので、最初は別のシーンなのかと思い驚きました。

 

2012年のロンドンオリンピック開会式では女王自ら映像に出演して007の映画さながらにジェームスボンド役のダニエルクレイグと共演したり、ユーモアのセンスも一流です。

競馬を見るシーンでは、自分が賭けた馬が馬が勝って自身の肖像があるポンド紙幣を受け取り喜ぶ姿も見られました。

 

そしてビートルズも何度か登場します。

最初は1965年にビートルズが受勲したエピソードでは「ノルウェーの森」が流れます。

そのあと勲章の保管庫からはジョンレノンが返却した勲章を探すシーンもありました。

ポールマッカートニーはインタビューシーンで、若い頃の女王がチャーミングだったことを語っています。

そして最後には当然ながら女王のことを歌った「ハーマジェスティ」が流れました。

 

1996年に僕が初めてイギリスに行った時にはロンドンのバッキンガム宮殿の前で、衛兵交代の儀式を見学したことを思い出しました。今日映画を見て、またイギリスに行きたくなりました。

 

elizabethmovie70.com

 

なんと言っても

公式の映像が数多く残されているのはもちろんですが、

サンキューケータ

長くロボッツに在籍した岩下桂太アシスタントコーチがロボッツを退団するということで壮行会が行われました。

事前に申し込んだ抽選に当選したので、壮行会会場であるM-GARDENで食事をしながら参加することができました。

 

まずは前菜と飲み物からスタート。飲み物は各種ありましたが、ビール(ハートランド)にしました。ちなみに日本酒は水戸の地酒、一品と副将軍があったようです。

そして19時から壮行会がスタート。司会はロボッツの西村社長で、YouTubeLiveでも中継されています。

岩下コーチ(ケータ)のあゆみが紹介され本人の解説がありましたが、僕も茨城ロボッツになってチームが水戸に来てからのロボッツのファンなのでそれ以前のことはよく知りませんでした。

最初は取手のチーム「HA!取手」だったそうです。そしてデイトリック茨城、デイトリックつくば、つくばロボッツ、とチームが変わっていきます。その中でも給料未払いで選手が辞めたり、かき集めた選手同士が試合直前に初めましての挨拶をしたりといったエピソードがありました。

茨城ロボッツとなってからは僕もその歴史を目撃しています。選手が数年でロボッツを去っていく中、チーム発足から在籍しているケータさんはロボッツの歴史を知る男ととしてずっとロボッツにいるものだと思っていたので、退団するということを知って驚きました。これからは女子チームである羽田ヴィッキーズのコーチとなるそうですが、いつかはきっとまたロボッツに戻ってきてくれたらいいなと思います。

 

YouTubeLiveの壮行会は1時間で終了しましたが、会場ではその後、食事が出ました。事前に要望を聞いてもらえたので、肉抜きのメニューにしてもらいました。

 

それから、ケータさんが持参したユニフォームなどの抽選会がありました。全員が何かしらもらえるようになっていて、僕はつくばロボッツのTシャツを手に入れました。

それからケータさんが各テーブルを回って参加者と直接話をしてくれました。

僕は今日入手したつくばロボッツのTシャツにサインをしてもらい、一緒に写真も撮ってもらいました。

 

ちなみにM-GARDENは元RDTのCANAさんが支配人となっているのですが、今日は不在だったようで会えなくて残念でした。

水戸 v 山形

途中天皇杯がありましたが、アウェイが2試合続いた後のホーリーホックのホームでの山形戦。

先週のアウェイ大宮戦で木下選手がスポンサーの看板を蹴ってしまったので、木下選手は出場停止です。

ひたちなか市のPR大使でもあるし得点力があるので応援しているのですが、残念な行動でした。ぜひ反省してこれまで以上に働いてもらいたいものです。

 

山形はリーグ4位と上位にいますが、今日のホーリーホックは攻め続けます。相手陣内の時間が長いですが、なかなかゴールには結びつきません。前半は0対0で折り返します。

後半もやはり同じような展開で無得点で終わるのかと思ったら、80分、直前に交代で入った梅田選手が相手ディフェンダーのボールを奪ってフィニッシュ。見事に決まりました。

その後は残っていた選手交代も行いながら無事に守り切り1対0で勝利でした。

 

梅田選手は水戸に移籍後の初ゴールだったようで、試合後のインタビューでは途中で泣き出してしまいました。

 

ところで昨日、6月11日はホーリーくんの誕生日です。今日は宇宙まおさんや大勢のマスコットキャラクターがスタジアムにやってきてホーリーくんの誕生日を祝ってました。

セレブレーションの司会は茨城放送の夕方の番組でお馴染み、金田優香さんが務めましたが、なんと金田さんもホーリーくんと同じく6月11日が誕生日だそうです。

 

桂宮治独演会

今はテレビの笑点に出てるそうですが、僕はあまりテレビを見ないのでよくわかりません。でも水戸芸術館に出演する落語家さんの話は聞きたいので行ってきました。

チケットの入手に少し出遅れたのですが、ネットで申し込んだらどうやら最後の1枚だったみたいでした。

 

最初は前座さんが出るのかと持ったら、いきなり宮治さんが私服のアロハシャツで登場し、トークが始まりました。あとで今日の演目表を見たらこれも一つの演目だったみたいです。

 

その後に登場した前座は、女性の三遊亭美よしさん。

狸が化ける話はいくつもありますが、初めて聞いた「狸鯉」でした。

 

再び宮治さんが登場。最初は知らない話かと思ったら腐った豆腐の「ちりとてちん」でした。吐きそうになる様子がとてもリアルでした。

 

この後休憩かと思ったら続けてもう1本、宗教の話「宗論」。宗教を笑いにしていいのかなとちょっとひやひや。

 

休憩の後は幽霊話「もう半分」。こちらもちょっとブラックな話で、脅かす口調が迫真に迫っていました。

 

落語の時は日本酒や蕎麦が恋しくなるものです。今日は落語の前に京成の木内酒造「酒+蕎麦 な嘉屋」で日本酒と蕎麦をいただきました。