村松軌道跡地巡り

去年、東海村の歴史と未来の交流館で開かれていた村松軌道の展示でもらった廃線マップを手に、線路跡をたどってきました。本当は去年行こうと思っていたのが、夏は暑過ぎたし、その後はスケジュールの都合がつかないうちに季節はまた夏が近づいてきてしまいました。

今年もすでに暑くなってしまいましたが、今を逃すとさらに暑くなってしまうので、月曜だけど会社が休みの今日、行ってきました。散策するのだから歩くのがベストかもしれませんが、スタート地点の東海駅はともかく、ゴール地点の村松虚空蔵尊はバスのアクセスがそんなによくないと考え、それならば家から自転車で行くことにしました。

 

ただ、まっすぐ東海駅に向かった訳ではなく、ちょっと寄り道していきます。

ラソン道路の佐和駅近くには僕が幼い頃に通った市立佐野保育所(保育園だったかな?)があったのですが、今はすでに閉所されていて、別の場所で民間の運営に変わっているようです。元の場所にはすでに建物もなく、跡地になっていました。

また近くには小学生くらいから高校生の頃まで通っていた歯医者さんがあったのですが、こちらもすでに建物がなく、どこにあったかわからなくなっていました。

 

そして昔からあるのですが、ちゃんと行ったことがなかった二ツ森稲荷神社に初めて行ってみました。ここは古墳でもあるので、小高く土が盛り上がっています。

 

と、ここで御朱印帳を持ってくるのを忘れたことに気がつき一旦家に戻り、改めて東海駅に向かいました。

ここは村松虚空蔵尊の最寄駅ということで、駅前にはそのことを示す石塔が立っています。

 

その向かいの、今は駐車場になっているあたりが、村松軌道の石神駅だったそうです。ちなみに東海駅もかつては石神駅という名前でした。

 

東海駅の近くは区画整理がされていて、軌道跡とは全然関係ない道路ができているので、少し先まで進みます。村松方面に向かうメインの通りを越えて細い道に入るとそこからが軌道跡になります。

 

そして唯一残る村松軌道の痕跡というのが、常磐線をくぐる村松開渠。コンクリートで固めてあるのはだいぶ後の時代かもしれませんが、その手前の石組みなどは村松軌道時代からあるのかなと妄想しました。村松軌道は大正15年から昭和8年まで存在したものですが、どうでしょうか?

 

せっかくなので常磐線の電車が通るのを待ちました。

 

道路がクランク上に曲がっている場所には曲がり松がありました。この松も当時からあるのかな?

 

そして驚きなのは、軌道跡が祖父母がかつて住んでいた家の目の前の道路だったことです。

今はすでに祖父母も亡くなり、家も無くなって更地になっていましたが、その事実を知った時にはとても驚きました。

 

この辺りも軌道跡。

 

メインの通りと交差するあたり。この模型屋さんは前回スタンプラリーで回ったお店です。写真に映る歩道橋は村で唯一の歩道橋と子どもの頃に聞いていたのですが、今でもそうなのでしょうか?

 

真崎駅跡に向かう道路。

 

真崎駅跡の近くの十字路には、石碑と道標があります。

 

この面には「右 那珂湊方面 左 太田町方面」とあります。

 

こちらの面には「右 村松山 左 石神停車場」とあります。

その下には距離が書いてあるのですが、よく読めません。

 

ちなみにこの道標は大正4年に建てられたようですが、根元の方で色が変わっています。なんと、向きが本来の向きと違っているようです。

 

この辺りに真崎駅があったのでしょうか?

 

そして村松軌道の終点だった阿漕駅阿漕ヶ浦公園になっていますが、村松大神宮の神池だそうです。

 

村松軌道は本当は村松虚空蔵尊への参拝客を目当てにできた鉄道ですが、阿漕駅は虚空蔵尊からは少し離れています。用地が確保できなかったのかもしれませんが、そのためか旅客数も伸び悩み、開業してすぐに廃止になってしまったようです。

 

今日はもちろん虚空蔵尊まで行きますが、虚空蔵尊と並んで村松大神宮があります。

 

村松大神宮は、三重県伊勢神宮の分社で和銅元年(西暦708年)創建だそうです。

 

こちらが虚空蔵尊。正式には村松山虚空蔵堂だそうですが、昔から虚空蔵尊と呼んでいました。平安初期大同2年(807年)創建だそうです。

 

境内には三重塔もありました。

 

境内の裏側の斜面を登っていくと、水戸藩が定めた水戸八景の一つ、村松晴嵐の碑がありました。

 

一通りお参りして御朱印をいただこうかと思ったら、ちょうどお昼になり、担当の方が休憩しているとのこと。それではと僕もお昼を食べることにしました。

 

参道にあるレトロな軽食喫茶「野ばら」に入ります。

昔の喫茶店によく見かけたビデオゲームがテーブルになっている席に座り、エビピラフを注文しました。このビデオゲームは麻雀ゲームのようでした。

 

さらにこの雰囲気なので、クリームソーダも。

 

虚空蔵尊に戻り無事に御朱印をいただきました。

 

これで今日の目的は達成したので家に帰るのですが、途中にも景色のいいところがありました。那珂台地の谷間となる真崎浦を江戸時代から干拓を行った親子の使った船着場と、その近くの水田の広がる風景。こちらは現代の東海十二景の一つ、真崎浦夕照です。大昔は海だったところを人の手により埋め立てて水田にしたところのようです。

 

今日の自転車は、途中休憩や見学などもありましたが、午前9時過ぎに出発し、午後1時半ころまでの約4時間半でした。

 

水戸 v 秋田

今節から試合開始時間が遅くなり、夕方5時のキックオフです。

今日対戦する秋田は、秋田がJ2に上がってきてから何度か対戦してもなぜか今まで勝てなかった相手です。

ここまでリーグ戦では3連敗ですが、先週水曜日の夜に行われた天皇杯では勝利しているので、その勢いで勝って欲しいところです。

今日のメンバーは多少変化をつけてきました。センターバックの山田奈央選手やフォワードの安藤瑞季選手は今日はメンバー外。逆に、しばらく出場していなかった石井隼大選手や楠本卓海選手が先発でした。ちなみに安藤選手は、今日の市町村の日でもあるひたちなか市のPR大使なのに、出場がなくて残念でした。

試合が始まると、秋田の攻撃に耐える時間が多く、ホーリーホックの攻撃は単発で終わることが多かった印象です。前半を0対0で終え、後半も得点がなく、5分間のアディショナルタイムに入ります。今日もまた引き分けで終わるのかと思い始めたところ、石井選手のロングスローからのこぼれ球を落合陸選手が一旦下げます。そのボールを受けた野瀬龍世選手はそのままクロスを上げるのかと思ったら再び落合選手にパス。そして落合選手がクロスを上げると、楠本選手の頭にタイミングが合い、ゴール!

 

このゴールはアディショナルタイムの4分に生まれたので、残りは1分。早く終われと願っている間に試合終了。1対0で、ホームでは5月6日以来の勝利となりました。

 

試合後の周回でやってきた楠本選手。

 

見事なアシストの落合選手。

 

怪我で戦列を離れていた梅田選手が久しぶりに出場。

 

今日のヒーロー、楠本選手の挨拶。

 

今日は試合開始時間は遅かったですが、ホーリーくんの日ということでライブがあったり、市町村の日では僕の住むひたちなか市の日だったりで試合開始前にも色々イベントが盛り沢山です。

 

ひたちなか市のブースでは玉子焼き付きの那珂湊焼きそばを買いました。

 

ステージでは宇宙まおさんがホーリーくんと一緒に登場。

 

抽選会ではひたちなか海浜鉄道の縁起のいい切符が当選。

ちなみに今日はひたちなか市の他に高萩市の日でもあり、高萩市の抽選では選手缶バッジを頂きました。

 

その抽選に並んでいたら、礒山純さんのユニットJUNCLASIXは少しだけしか見られませんでした。

 

ホーリーくんと、秋田のマスコット、ブラウゴンとの写真撮影会。

 

ハーフタイムにも周回してくれました。

 

試合の後、水戸駅近くの居酒屋で一人で飲んでいたら、カウンターのお隣さんから声をかけられました。ホーリーホックを応援していて、僕がホーリーホックのシャツを着ていたので声をかけたそうです。今日はスタジアムには行かなかったとのことですが、少しの時間、ホーリーホック話で盛り上がりました。Jリーグの試合があった日は、知らない人とも話ができるこういう雰囲気がいいなと思いました。

 

ちなみに今日の昼間、ケーズデンキスタジアムに行く前には、水戸京成で開かれていた金沢・能登物産展に寄ってみました。

能登半島地震の復興を祈念して、のどぐろの柿の葉寿司や茎わかめ、青のりの佃煮などを買いました。他にも干物とかも気になったけど、持ち帰るのが大変そうだったので買えなかったのが少し残念でした。ソフトクリームはその場で食べ、柿の葉寿司は水戸芸術館の広場で食べました。

 

そして京成を出たところで、入り口にお馴染みの韓国屋台のキッチンカーが出ていたのに気がついたのでご挨拶をしました。
韓国のビールがあるというので飲んでみました。
ラベルが全て韓国語で読めませんが、翻訳アプリで見てみると、韓国の大手ビールメーカーOBで作っているもののようです。初めて飲んでみたのですが、今日みたいな暑い日に合う軽めのビールでした。

竜神大吊橋

ロボッツブースター仲間が、竜神大吊橋のバンジージャンプを飛ぶというので応援に行ってきました。

竜神大吊橋に前回来たのは2016年の県北芸術祭以来だったようです。

バンジージャンプはいろいろな人が挑戦していますが、僕自身はやる気はありません。でもBリーグのシーズンオフなので久しぶりにブースター仲間に会えたのはよかったです。

この後一旦家に帰ってから、水戸でそのブースター仲間たちと飲み会に行きました。

 

吊橋の途中に下が覗ける窓のようなものがあるのですが、やはり怖くて、つい上を歩くのを避けてしまいます。

 



日鉱記念館、大甕神社

今日は会社が休み、久しぶりに日立市にある日鉱記念館に行ってきました。

日立鉱山の跡地に建てられたこの企業博物館には2016年に県北芸術祭関連で行って以来です。

その時から今日まで、日立鉱山の大煙突をテーマにした映画「ある町の高い煙突」が公開されたり、日立鉱山の現在の会社であるJX金属が水戸ホーリーホックのスポンサーになったりと時代の変化があり、展示にもそれらが反映されていました。

入場は無料なのがなんとも太っ腹。館内は写真撮影もOKということで印象に残った展示を撮ってきました。

 

まずは日立の鉱山に目をつけた久原久之助氏の展示から始まりますが、地下には模擬坑道の展示があります。

今はすでに閉山している日立鉱山ですが、かつてはこのように地下で作業をしていたのでしょう。

 

興味深いのは、鉱業の歴史だけでなく鉱山町のくらしのコーナーです。僕も日立市にある高校に通ったので日立市の歴史にはとても関心があります。今のJR日立駅前から日立鉱山のあるあたりまで鉄道が走っていた時の記録などもありました。

 

そして以前来た時にはなかった、映画「ある町の高い煙突」の展示コーナー。

新田次郎さんの小説が有名ですが、その小説を原作にした映画が2019年に公開されました。その映画の撮影で使われた小道具、台本、衣装などが展示されていました。

 

そしてもう一つ、以前にはなかったコーナーは、水戸ホーリーホック関連。2022年にJX金属が水戸ホーリーホックのスポンサーになりました。受付のスタッフに声をかけると、JX金属と水戸ホーリーホックのコラボキーホルダーをいただきました。

ちなみに背番号29は、銅の原子番号です。

 

館外の自動販売機も水戸ホーリーホック応援仕様になっていました。

 

屋外展示もまた興味深いものがありました。

 

鉱山で使用されていた電気機関車。もちろん(?)日立製作所製でした。

 

竪坑の跡。

 

その竪坑と繋がっている巻揚機。このような大きな機械を見るとなぜか興奮します。

 

これは、日立鉱山のものではないですが、系列の鉱山で使われていたという人車。鉱夫たちはこれに乗って地下に潜っていったのです。

 

駐車場の近くにあった斜坑の入り口とその内部。中には入れませんでしたが、カメラを向けて内部を撮影してみました。

 

ここまでたっぷりと約2時間見学しました。

 

日鉱記念館から市街地に戻る途中で見る大煙突と、今も操業中のJX金属の事業所。大煙突は1993年に倒れてしまい短くなってしまいましたが、今でも日立市のシンボルです。僕も高校生の時にこの煙突を遠くに見ながら通学していました。

 

そして市街地に戻る途中にある日立市武道館に立ち寄りました。

この建物は、1917年、大正6年日立鉱山の福利厚生施設として建てられた施設ですが、今も残っているのです。かつては共楽館と呼ばれたこの建物、役割が変わり内部は改装もされていますが、当時の繁栄を今に伝える貴重な建物です。

 

ちょっとわかりづらいですが、この唐破風の赤いところにに日立鉱山の社章が残っています。

 

中を覗いてみたら簡単な受付だけで見学可能でした。内部は体育館のようになっています。たまたま今日は卓球の練習が行われていました。

天井が舞台小屋の雰囲気を残しています。

 

柱にはかつての千社札のようなものが残されていました。

 

共楽館の窓から見える大煙突。

 

共楽館の前のバス停は、今は無き日立電鉄の名前が残っていたり、路線図も以前のものだったりして、懐かしさを感じました。

 

ちなみに6号国道から常磐高速の日立インターに通じる道を過ぎてから日鉱記念館に至る道の途中の道路は、昨年の台風大雨被害の影響が今も残り、数箇所が片側通行となっていたり、川の対岸のJX金属の敷地内の道路が崩れたままだったりしていました。陥落した道路の間にはトラックが崩れ落ちたままになっていて、結構ショッキングなシーンでした。

 

さて、日鉱記念館を見たら次は日立鉱山から派生した日立製作所の企業博物館も見たいと思い、大みか町にある日立オリジンパークに行ったのですが、日鉱記念館で時間を使い過ぎたせいか、途中で遅いお昼をたべてから到着した時には入館時間を過ぎてしまい入れませんでした。場所も近いのでまた日を改めて行きたいと思います。

 

その代わり、という訳ではないのですが、すぐ近くの大甕(おおみか)神社に行ってきました。国道6号沿いにあるこの神社、もちろん通り過ぎたことはこれまで何度もあるのですが、ちゃんと神社にお参りに行くのは初めてでした。

 

本殿は急に現れる鎖場の上にあります。

 

海にも近い神社であるからか、船の碇が奉納されていました。

 

お参りした後に御朱印を頂きました。

 

もらったパンフレットによると、この神社の始まりは明らかではありませんが、紀元前660年創祀とのことです。茨城県内では気温が35度を超える猛暑日になった地点もありましたが、神社の境内は木が生い茂り涼しい時を過ごすことができました。

 

 

FC QOL MITO CIRUELA v 神奈川大学Legend2015

先月に続き、水戸シルエラのホームゲームがあったので応援に行ってきました。

今度の試合会場は水戸ツインフィールド。シルエラのホームゲームは主にここで行われるようですが、僕は初めて来ました。

ここは天然芝と人工芝の2面のサッカー場が並んでいて、その真ん中に観客席があるのですが、シルエラの試合は天然芝の方で行われました。

 

最初はスタンドに座ったのですが、ゴールラインの近くは芝生席になっていて、選手のプレイしている姿がより近くで見られそうだったので、芝生席で見ることにしました。

 

試合前の記念撮影は、笑顔バージョンと真面目バージョンの2種類撮るのがユニークです。

 

今日の対戦相手は神奈川大学Legend2015。大学生なのかそのOGなのかよくわかりませんが、試合の方はお互いチャンスを作るものの、クロスバーに当たったり、キーパーに取られたりと無得点のまま後半に入りました。

後半になるとゴールに攻め上がる回数も増えて、得点が生まれないかな、と期待していたのですが、80分くらいの時間に逆に失点してしまいました。そしてそのまま0対1で試合終了。悔しい敗戦となってしまいました。

 

試合終了後はキャプテンの鶴見真里奈選手による挨拶がありました。次こそは勝点3を取る試合を見たいものです。

 

と思ったのですが、女子サッカーのリーグ戦はこの後アウェイ戦2試合を戦った後は10月までホーム戦がないそうです。その間に皇后杯の大会があるようです。

 

さて、選手の名前は、もらった名簿や応援団によるチャントなどで何人かはなんとか覚えてきましたが、まだ顔と名前が一致するまでには至っていません。少しずつ覚えていきたいと思います。

 

それでは最後にプレイ中の選手の写真を。

まずはキャプテンの背番号5番、鶴見選手。体の寄せ方とかが他の選手と比べると上手で、さすがキャプテンと思いました。

 

背番号17番、川又二葉選手。

 

背番号9番、小田切美咲選手。

 

背番号2番、岩沢萌加選手。

 

水戸市植物公園、水戸芸術館花壇クラブ活動

水戸芸術館現代美術の展示に合わせて集まった花壇クラブの活動がありました。

今回は水戸市植物公園での寄せ植え体験です。

僕は家でも特に花壇などはやっていなかったので、今回の講師である植物公園のスタッフや、周りの経験者の方に聞きながら、体験してみました。

大きな鉢に、ポットに入った小さな花を植え替える、というものでした。

家には一応庭はあるのですが、今までは母親がやっていたのを見ていたくらいでした。今はその母もいないので、庭も特に何も植えてはいないのですが、気が向いたら自分でもやってみましょうか。

 

寄せ植え体験の前には植物公園のスタッフに中を案内してもらいました。

この植物公園は、だいぶ前に行ってみたい、と思っていたものの、たぶんこれまで一度も行ったことはなかったかもしれません。場所はケーズデンキスタジアムのすぐ近くなので、何度も来ているところではあるのですが、今回初めて来ることができてよかったです。ちょうど直前に秋篠宮さまが、水戸市で行われた日本植物園協会に出席するためにこの植物公園も訪れたところで、案内してくれた植物公園のスタッフの方からもその時のお話を聞かせてくれました。

 

 



 

水戸のあじさいまつり

今まで水戸のあじさいまつりには行ったことがありませんでしたが、前日にNHKの茨城スペシャルの番組で、シンガーソングライターの礒山純さんの特集があり、その磯山さんが今日から始まるあじさいまつりのオープニングイベントにも出演するということで、初めてあじさいまつりに行ってきました。

 

このイベントには毎年、水戸の梅大使が夏の着物をお披露目するのでした。今日も二人の梅大使さんが来ていました。

 

昨日のNHKの番組でも登場した西野侑里キャスターも訪れていました。

 

そして礒山純さん。

 

イベントにはみとちゃんと、涸沼のひぬ丸くんも。

 

そしてあじさいまつりのメインである保和苑のあじさいと庭園、二十三夜尊。

 

車を止めたのは、保和苑から少し離れた場所だったのですが、その近くに愛宕山古墳と愛宕神社があったので、そちらにも立ち寄ってみました。

ここに来たのは初めてです。県内でも3番目に大きい前方後円墳だそうです。

 

駐車場の場所にはまた別の古墳もありました。