水戸室内管弦楽団第100回定期演奏会

f:id:ScouseKats:20171015142524j:plain

f:id:ScouseKats:20171015143337j:plain

小澤征爾さんが指揮を務め、水戸芸術館の専属楽団である水戸室内管弦楽団の記念すべき第100回の定期演奏会に行ってきました。
水戸室内管弦楽団の演奏会にはそれほど行っているわけではありませんが、それでも過去に5、6回くらいは行っているかと思います。かつてはチケット発売日の朝に水戸芸術館に並んだこともありました。最近はネットで申し込みができるのですが、今回は多分競争率が高かったと思います。7月の水戸芸術館友の会会員向けの先行発売日に申し込んだのですが、S席は申し込み入力をしている間に売り切れてしまい、A席をなんとか手に入れました。
 
記念の回の演奏曲目はベートーベンの交響曲第9番でした。日本では年末によく聴く曲ですが、僕はこれまでちゃんと聞いたことはありませんでした。4楽章のうち、第1と第2楽章はラデク ボバラークさんが指揮、小澤さんは第3と第4楽章の指揮をするという変則的な形です。小澤さんは最近は体調を崩すことも多く、水戸芸術館の演奏会でも急に指揮が交代になったこともあったと記憶しています。
 
開場前の水戸芸術館は気のせいかいつもより華やかな雰囲気でした。今回の僕の席はステージ上手側の席でした。ステージ正面の席の方がいいのはもちろんですが、それほど大きくないホールなのでサイドの席でも十分です。
 
前半のラデク ボバラークさん指揮のパートでは、サイドの席だけあってバイオリンの音が奥から、コントラバスの低音が手前から聴こえてきて若干バランスが悪いですが、久しぶりのオーケストラの生の音に改めて聴き入りました。
 
第2楽章が終わると指揮台には椅子が用意され、指揮者がいよいよ小澤さんに交代です。先ほどまでの指揮のラデクさんはホルンのパートで参加します。
 
やはり小澤さんは通しで指揮をするには体への負担が大きいのでしょう。久しぶりに見る小澤さんは心なしかやつれているように見えます。開場前のロビーには第1回定期演奏会の映像が流れていたのですが、その姿のあまりの若さに驚きました。なにしろそれからもう25年の月日が経っているのですから、それは歳を取るものです。小澤さんは椅子に座りながらの指揮でした。かつての指揮台での力強い指揮姿の記憶があるだけに、若干の寂しさを感じました。
 
後半にはステージ後方に4人のソロ歌手とコーラス隊が入りました。クラシック音楽ではマイクを使いませんが、楽器に負けない豊かな声は、人間の強さを感じることができました。そしておなじみのフレーズが繰り返し聞こえてくると小澤さんが各パートの楽器や合唱団に指示をする姿にもだんだん熱がこもってきます。客席からは楽器を演奏する姿を見るのですが、サイドの席だけに指揮をする小澤さんの姿もよく見えます。正面の席では味わえない醍醐味です。いつまで指揮台の上の小澤さんを見ることができるかわかりませんが、いつ引退してもおかしくないだけに、しっかりと目に焼き付けようと思いました。
 
そしていよいよクライマックス、最後は椅子から立ち上がって渾身の指揮でした。楽団やコーラスの迫力ある演奏とも相まって、思わず涙が溢れ出してしまいました。クラシックの演奏会で涙を流すなんて初めての経験かもしれません。
 
終演後は観客が皆立ち上がっての拍手です。小澤さんをはじめ演奏者がステージから下がっても拍手が鳴り止みません。そのあと3度ほどステージに出てきましたが、僕も約15分もの間拍手し続けました。水戸にこんなにも素晴らしい演奏を聴くことができる機会を作ってくれて本当に感謝です。
 
 
この演奏会の前に芸術館内のショップで第99回の演奏会を録音したCDを買いましたが、今日の演奏会も録音、映像収録をしてました。いずれ発売されるのも楽しみです。
 

茨城ロボッツ v アースフレンズ東京Z

f:id:ScouseKats:20171014175655j:plain

映画の後は一旦家に帰り、電車で水戸へ。今度はバスケット茨城ロボッツの試合を見に行きます。今シーズンはすでに始まっていますが、僕にとっては今日がシーズン初めての観戦です。相手はアースフレンズ東京Zです。水戸駅から水郡線に乗り換えて常陸青柳駅で降りていくというルートで青柳市民体育館に行ってみました。

f:id:ScouseKats:20171014173940j:plain

会場運営は昨シーズンと比べると若干変更があったようでしたが、試合開始前の選手紹介のところで急にブレーカーが落ちてしまったようでした。一旦照明を落としてスポットライトで演出しようとしているのでしょうが、まだまだ改善するところがたくさんありそうです。

f:id:ScouseKats:20171014180218j:plain

まだそんなに試合を見ているわけではないですが、初めてバスケットの試合を生観戦した昨シーズンに比べると多少は見方を覚えたようです。リードしていて残り時間が少なくなってきた時に、攻撃の際の24秒ルールを有効に使って時間を稼いでいるのがわかりました。この辺はサッカーと同じなのでしょう。もっとたくさん観戦してみたいです。なにしろチアダンスチームがいるのが見ていて楽しいのです。

f:id:ScouseKats:20171014184438j:plain

バスケットの試合はたくさん点を取るゲームなのでミスをなるべく少なくする必要があるのですが、今日は77対47という大差で勝つことができました。点を取ったり取られたりで多少の点差では落ち着かないのですが、30点もの差がつく試合もあるものだということを知りました。

f:id:ScouseKats:20171014200039j:plain

f:id:ScouseKats:20171014200055j:plain

 
 
バスケット観戦の後は水戸駅近くの居酒屋に入ります。今日はこの後プレミアリーグでリバープール対マンチェスターユナイテットの試合があるのです。今はプレミアリーグの中継はネット中継なので、テーブル席に陣取りiPhoneで観戦しました。普段居酒屋ではカウンター席が好きなのですが、こういう時はテーブル席の方がありがたいです。適度に賑やかで適度に放っておいてくれるお店だったので、一人スポーツバー状態で観戦してました。

f:id:ScouseKats:20171014210131j:plain

ただし結果の方は0対0だったのが少し残念です。

あまや座「八重子のハミング」

f:id:ScouseKats:20171014114851j:plain

那珂市瓜連に「あまや座」という名の新しい映画館ができて今日がそのオープン初日です。オープニング上映は「八重子のハミング」という作品でしたが、聞いたことのない作品だったのと、今日は他にも興味のあるイベントがいくつかあったので行こうかどうか少し悩んだのですが、新規オープンの映画館の初日というのはそう滅多にあるものではないのと、開館記念でこの作品の佐々部清監督、主演の升毅さんがやってきて舞台挨拶とサイン会があるということで行ってきました。
 
初回上映の時間には間に合わなかったので2回目の時間に合わせて家を出ます。家からは車で20分ほどでしょうか。場所は水郡線瓜連駅近くの閉店したスーパーの駐車場です。スーパーの建物もそのまま残っていました。最初はこのスーパーを映画館にしようとしたらしいのですが、いろいろ事情があり、結局は新しく建てたようです。スーパーの名前が「あまや」だったので映画館の名前が「あまや座」になったのでした。

f:id:ScouseKats:20171014115216j:plain

サイン会にはパンフレットの購入が必要とのことで、まずはパンフレットを購入します。サイン会は1回目上映後の後、劇場の隣の閉店したスーパーの中でした。佐々部監督の作品は見たことがありませんでしたが、升毅さんは朝ドラ「あさが来た」に出演していたので印象に残っています。サインをもらう時にも「あさが来た」を見てました、と声をかけることができました。
 
サイン会が一段落したころに一緒に写真を撮ってもらいました。

f:id:ScouseKats:20171014120642j:plain

 

その後、劇場の中に入ります。客席数わずか40席ほどの小さな劇場です。上映前に佐々部監督と升毅さんの舞台挨拶がありました。上映前の挨拶ということで映画の内容にはあまり触れられないのがちょっと残念でした。それでも、この映画は大手の映画会社には地味だし中高年が主人公では商売にならないと断られたものの、映画の舞台の山口の方々に出資してもらって完成したこと、去年の10月に公開して1年後の今でもこうしてどこかで上映され続けていることなどを紹介してくれました。その中で、この挨拶中に写真を撮っても良く、皆さんに紹介してください、とのことでしたので遠慮なく紹介したいと思います。

f:id:ScouseKats:20171014122748j:plain

 
映画のストーリーは、自身がガンに侵されたものの克服した男性が、アルツハイマー病にかかってしまった妻の八重子さんを献身的に介護するというもので、オールロケで撮られた作品はまるでドキュメンタリーかと思うようなものでした。主人公夫妻は2人とも学校の先生だったようで、発病後も教え子が慕って面倒を見てくれたり、旅行先での気遣いなどがあったりしましたが、何より大変な苦労はあったのでしょうが升毅さん演じる主人公がとても優しく奥さんに接しているのが印象的でした。だんたんと赤ちゃんに戻っていくような八重子さんの姿を見るのはつらいですが、大好きな歌を聴くと一緒にハミングするということがこの映画のタイトルの由来でした。
 
確かに地味な作品でしたが、丁寧に作られた映画で鑑賞中何度も涙が出てしまいました。映画を観終わった後で、やっぱり上映後に監督や升毅さんの話を聞きたかったと思いました。高齢化社会が進む地域でこの映画をオープニング作品に選んだことに意義を感じました。
 
実はこの劇場にはクラウドファンディングで少し出資をしたこともあり、今日は招待券で鑑賞したのでした。劇場の入り口の壁には自分の名前があるのも確認してきました。

髭 @水戸ライトハウス

f:id:ScouseKats:20171013191413j:plain

平日にライブに行くことはほとんどありませんが、水戸でのライブならそれができます。
今日行ったのは「髭」というバンド。実はよくわからないバンドなのですが、友達が勧めてくれたのとメンバーが水戸出身ということで最新のアルバムを買って聴いてみたところです。初めてのバンドはフェスなどでお試しとしてライブを見てみたいところでしたが、何曲かは気に入った曲もあったので、アルバム1枚しか知らなくてもなんとかなるかなと思いました。
 
19時開演のところ、仕事を終えて会社を出るのが少し遅くなったので、19時15分頃にライトハウスに着きました。でも今日は2マンツアーということで、the pillowsのステージが最初にあります。このthe pillowsは髭以上に知らないバンドでした。でもドラムの人は日立出身だそうです。
 
the pillowsが約1時間、その後約30分間のステージ転換があり、20時30分頃に髭のライブが始まりました。
メンバー構成はフロントがギタ−2人とベース1人というのはわかりますが、後ろにドラムが2人いるのが不思議です。もっともステージ上手側はハンドマイクを使ってボーカルにアクセントを加えたり踊ったりパーカッションを担当したりといろいろ活躍していました。よく見たらステージ転換でドラムの調整をしていたのはメンバー本人だったのでした。
 
もちろん初めて聴く曲も多かったのですが、最新アルバムの中からも当然演奏するので楽しめました。アンコールを入れても約1時間という短い時間でしたが、ツアー初日で、地元水戸でのライブということで特別感があり、なかなか楽しかったです。

The Collectors @水戸ライトハウス

f:id:ScouseKats:20171008163709j:plain

去年水戸に来たコレクターズがまた来てくれたので行ってきました。
ちょうど朝ドラ「ひよっこ」の最後の週にコレクターズの古市コータローさんが出たので、朝ドラファンとしても楽しみでした。
 
ライブの前に南町の自由広場にできた新しい施設、ME! EAT!!に初めて入ってみました。
カジュアルなバーのような感じですが、今日みたいなライブ前の時間つぶしにはちょうどよかったです。

f:id:ScouseKats:20171008155412j:plain

f:id:ScouseKats:20171008160229j:plain

 
ライブの方は、去年のライブとはだいぶセットリストも変わったようです。いきなりオープニング曲が知らない曲だったし、他にも4、5曲くらいは知らない曲があったと思います。でもそれは比率的にはわずか。大部分の曲で盛り上がることができました。今年の3月には武道館でライブもやったけど、地元の小さなライブハウスで間近で演奏するのを見るのも決して悪くありません。
 
最初のMCコーナーでは朝ドラのこともちらっと話したので、僕もドラマの役名を叫びました。そういえば夏のロックインジャパンでも朝ドラの相手役のシシドカフカさんのステージを見たので、ドラマ上のカップルの両方のステージを見たことになったのでした。
 
加藤ひさしさんは、糖質制限ダイエットをしているようですが、そのせいか去年見た時よりはだいぶスリムになったような気がします。ライブ中には客席に向かって何度も手を伸ばしてくれるので見ている方も一体になった気がします。
 
コータローさんは直前の札幌では観客をスープカレーにしたとの加藤さんの紹介がありましたが、水戸ではそぼろ納豆と叫んでくれました。そぼろ納豆は僕も大好きなのでなんかうれしかったです。他にも、水戸出身でコレクターズとも仲の良さそうなブラフマンのトシローさんのことを話題にしたりと、トークも楽しむことができました。
 
本編が終わってアンコール1曲めがコレクターズを知ったきっかけで大好きな「世界を止めて」でした。この曲は大阪のFM曲、FM802でブレイクしたのですが、僕もちょうどその頃に大阪に出張中で、FMを通して気に入ったのでした。
 
約2時間のライブはあっという間に終わりました。最後には加藤さんが客席に向かってハイタッチ。僕もがっちりと握手することができました。
 
会場を後にする時、ライトハウスの楽屋は観客の入場口のすぐ脇にあるのですが、関係者が中に入る時に、だれかが上半身裸になってクールダウンしている様子がちらっと見えたりもしました。
 
僕もライブの後は居酒屋でクールダウンしました。コータローさんが叫んだそぼろ納豆はメニューにありませんでしたが、代わりにイカ納豆をいただきました。

f:id:ScouseKats:20171009180358j:plain

フルートリサイタル

f:id:ScouseKats:20171007162027j:plain

ひたちなか市文化会館へ、高校時代の担任の先生によるフルートリサイタルに行ってきました。
去年初めて行ったのに引き続きで、去年と同じく同級生のMさんも来ていました。
先生のフルートの他に、サポートメンバーでバイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、それともう一人のフルートが出演しました。何人かは水戸芸術館でのコンサートにも出演される方のようで、名前に見覚えのある方もいました。
 
プログラムは前半1時間、休憩を挟んで後半1時間でした。初めて聴く曲も多いのですが、後半はお楽しみコーナーで曲名当てクイズとかジブリメドレーとかポピュラーな曲の演奏もありました。曲名当てクイズは去年は僕が当てたのですが、今年は同級生のMさんが朝ドラ「ひよっこ」の主題歌の「若い広場」を当てました。去年のクイズも朝ドラからの曲だったので、今年も来るかなとは思っていましたが、その予想は当たりました。
 
コンサートの後は駅前のお店でMさんと朝ドラの話をして盛り上がりました。
 
先生の家は僕の近所なので、伺いますね、と去年お話したのでしたが、結局一度も訪れることなく1年経ってしまいました。
いけませんね。

「愛しのドラム~ザ・フルーツ2~」

f:id:ScouseKats:20171001130750j:plain

昨日に引き続き、今度は水戸で演劇。落語家の春風亭昇太さんと、テレビの呑み鉄番組でおなじみの六角精児さんなどが出演する音楽演劇でした。
音楽はグループサウンズがベースになっていて、最初は小道具としてギターを持っているだけなのかと思いましたが、後半は劇中でライブ演奏をするという設定で実際にアンプを通して演奏していました。六角精児さんの歌はCDで聞いたことがありますが、リーダー役の昇太さんも歌にギターにハーモニカと大活躍でした。
 
後で聞いたら、実際に「ザ・フルーツ」というバンド活動が先にあって、その後に演劇を作ったということだそうです。今日の話はその演劇の続編、ということになるそうですが、前の話を知らなくても楽しめました。でも知ってしまうと前の話も見てみたかったです。ただ、メンバーの一人が今年亡くなってしまったそうで、同じメンバーではもう見ることができなくなってしまいました。
それにしても、昇太さん、落語だけでなくお芝居も音楽も魅せてくれます。多才なんですね。
 
そういえば、このところ東京で劇団☆新感線の大きな劇場での演劇を見て、昨日は銭湯演劇、そして今日はおなじみの水戸芸術館での演劇と立て続けに見ましたが、やっぱりあまり大きくない規模で見る方が、俳優さんとの距離も近いし、リラックスして楽しめました。
 
ところで、演劇を観終わって家に帰ってテレビを見てると、昇太さんは笑点に出てるし、六角精児さんも直虎に登場して不思議な感じ。