E655系

9月28日の茨城国体開会式に天皇陛下笠松運動公園に来ることになりました。
JR常磐線勝田駅まで電車で来るそうで、その特別列車E655系の試運転情報を頂いたので撮影に行ってきました。
 
これは昨日の偕楽園の下を通る列車。

f:id:ScouseKats:20190914112507j:plain

 
そして今日は勝田駅で。

f:id:ScouseKats:20190915130317j:plain

この車両に天皇陛下が乗るそうで、窓の下の丸いところには菊の御紋が飾られるようです。

f:id:ScouseKats:20190915130510j:plain

 
その後東海村久慈川鉄橋近くに移動して走行中の写真を撮りました。

f:id:ScouseKats:20190915153803j:plain

f:id:ScouseKats:20190915153804j:plain

 
9月28日は勝田駅から笠松運動公園まで行くのに、家の近くを車で通るそうなので、見てみようと思います。

茨城ロボッツ v Fイーグルス名古屋 パブリックビューイング

f:id:ScouseKats:20190914165144j:plain

茨城ロボッツは愛知県刈谷市で行われるアーリーカップ東海に出場しました。去年は各チームのチアリーダーが合同でパフォーマンスをしていたので今年は行ってみたいなという気もしましたが、既に他の予定を入れていたため叶わず。それでもME-EATでパブリックビューイングがあるというので、演劇を観た後に行ってきました。
 
幸先よく第1Qではリードしたものの第2Qでまさかの6得点で大きくリードされてしまいました。第3Qで踏ん張り、最後の第4Qで9点差、4点差、そして最後は2点差まで詰め寄りましたが、そこでタイムアップ。81対79で敗れてしまいました。やはり第2Qの6点が響いてしまいました。
 
結局今回は合同チアパフォーマンスはないようで、アーリーカップには縁がなかったことになりました。来週はいよいよB2リーグの開幕戦です。今日の悔しさをリーグ戦にぶつけてもらいたいです。

「最貧前線」

f:id:ScouseKats:20190914122521j:plain

水戸芸術館宮崎駿原作の演劇を観てきました。この公園はチケットの売れ行きがよく、僕も友の会先行予約を発売日当日に申し込んだのですが、受付開始時間に申し込みができなかったので少し遅れたところ、3階席がやっと取れたくらいでした。その後の一般発売の分がなくなっていたそうです。
 
ACM劇場の3階席に座ったのはいつ以来でしょうか?初めてではないとは思いますが、あまり記憶にありません。
 
客席から舞台を見下ろす格好になりましたが、今回のお芝居は舞台上に船の甲板が3層に渡って作られ、役者たちはその上を上下しながら芝居します。だから1階席からだと上を見上げる形になるのでしょうが、3階席だと全て下に見るので見る体勢としては楽だったかもしれません。
 
宮崎駿原作といってもわずか5ページの作品だったそうで、それを水戸芸術館ACM劇場の井上桂芸術監督が脚本にした作品です。第二次世界大戦末期に、軍艦が足りなくなり漁船を徴用して監視船に仕立て上げたことがあったそうです。生粋の軍人と、生活のために船に乗る漁師たちの対立があり、最初は漁師たちを馬鹿にしていた軍人たちも、天候を読む技術や漁をする上での知恵を持つ漁師たちに一目置くようになり、お互いに信頼関係を持ちます。
 
しかしだからと言って戦争は辛く悲しいものです。宮崎作品はあまり詳しくありませんが、平和を望む姿勢は他の作品にも通じるものがあるのだと思います。
 
場面転換にはスクリーンにアニメーションが映し出され、その後スクリーンが上がって俳優たちの演技が続きます。水平方向に回転はするものの上下方向には動かない舞台上の船ですが、俳優たちが波の動きに合わせて同じ方向にからだを揺らすので、まるで本当の海の上に出ているような錯覚に陥りました。
 
 
 

f:id:ScouseKats:20190915104608j:plain

キノコホテル @東京キネマ倶楽部

f:id:ScouseKats:20190913183419j:plain

f:id:ScouseKats:20190913183438j:plain

3年前に同じく東京キネマ倶楽部で見て以来のキノコホテル単独実演会。
平日なので行けないなと思っていたのですが、会社が休みだったのを思い出してチケットを買って行ってきました。
 
今回は電子チケットでの購入でしたが、整理番号もだいぶ後ろの方なので近くの居酒屋で飲んで開演を待ちます。
 
演奏はほぼ定刻にスタート。この会場は昔のグランドキャバレーのつくりがそのまま残っていて、マリアンヌ様はステージ上の踊り場からミリタリールックで階段を降りての登場でした。今日は本編の約1時間半は一切のMC無しでノンストップでの演奏でした。珍しくホーンセクションも入り、豪華な演奏。僕はスタンディングの客席を右に左に移動しながらいろんな位置で楽しみました。
 
途中でマリアンヌ様は衣装替えがあり、今度はコルセットにふんわりスカート姿になりました。
 
アンコールを含めて約2時間、たっぷりとキノコホテルの世界観をたっぷりと堪能しました。

f:id:ScouseKats:20190913183602j:plain

水戸 v 金沢

f:id:ScouseKats:20190908171857j:plain

郡山から帰ってきてその後ケーズデンキスタジアムに行ってホーリーホックの応援です。
 
今日の相手はツエーゲン金沢
マッチデープログラムの表紙にはキャプテン細川選手が登場ですが、今日の試合には累積警告で出られないとのこと。そして加入後8試合で5得点の小川選手もU-22日本代表の遠征に参加のため欠場。試合開始前は暫定で6位でしたが、今日負けたら上位から引き離されてしまいます。代わりのメンバーに頑張ってもらわなくてはなりません。
 
25分に清水慎太郎選手のゴールで先制します。

f:id:ScouseKats:20190908182815j:plain

今日も行けるかと思った6分後に金沢の反撃に遭い同点で前半を終えました。
 
しかし今シーズンのホーリーホックは強い。59分に木村選手のフリーキックにボニ選手が合わせて追加点。しかしこのままでは金沢に追いつかれてしまう、と思っていると80分に途中出場の浅野選手が3点目を決めます。

f:id:ScouseKats:20190908191851j:plain

f:id:ScouseKats:20190908194010j:plain

その後浅野選手は接触プレーで頭を怪我したようでしたが、なんとか復活。終盤の金沢の猛攻にも耐えて3対1で勝利しました。これで3位に浮上。残り試合も少なくなってきましたが、1敗しただけで置いていかれてしまう厳しい戦いは続きます。

f:id:ScouseKats:20190908195522j:plain

 

f:id:ScouseKats:20190908200142j:plain

f:id:ScouseKats:20190908200338j:plain

 
試合前にはロックインジャパンで会った人とも再会することができました。試合には勝つし、スタジアムに行けば知った顔に会えると応援するのがますます楽しくなります。
 

f:id:ScouseKats:20190909111212j:plain

Rock Corpsセレブレーション、郡山

4時間のボランティアに参加すると4時間のライブに参加できるというロックコープス。今日はそのライブであるセレブレーションの日です。今年で6年目ですが、最初の3年は福島市、次の2年は幕張でのセレブレーションでしたが、今回は福島に戻ってきました。でも福島市ではなく白河市で開催されます。
 
白河は通過したことはあっても行くのは初めてです。何で行こうか迷いましたが、水郡線磐城棚倉まで行き、そこからバスで白河に行くルートにしました。この棚倉から白河までの間は、第二次世界大戦の前までは白棚線(はくほうせん)という鉄道路線がありましたが、戦時中に休止になり、戦後はバス路線になったという歴史があります。そのため途中は鉄道路線を転用したバス専用線があります。いつかは乗ってみたいと思っていたのですが、それが今日実現することができました。
 
水郡線下菅谷駅から乗った列車はなぜか混雑していて磐城棚倉までの約2時間ずっと立ちっぱなしでした。
 
磐城棚倉からはそのバスに乗車します。途中2箇所ほどバス専用線を走行しました。一般道に比べるとちょっと乗り心地が良くなかったような気がします。

f:id:ScouseKats:20190907113310j:plain

f:id:ScouseKats:20190907115358j:plain

 
棚倉から1時間弱で白河に到着。
白河駅は立派な駅舎でした。

f:id:ScouseKats:20190907123112j:plain

 
ちょうどお昼時で、白河名物だという蕎麦を、駅前のお蕎麦やさんでいただきました。そばの前には日本酒なのでしょうが、あまりの暑さに瓶ビールを。福島オリジナルのラベルが楽しいです。

f:id:ScouseKats:20190907124421j:plain

白河のそばは割子そばが有名とのことなので五段の割子そばを食べました。割子そばは前に出雲で食べましたが、ここのはとろろ、なめこ、のり、山菜、おろしイクラの五段でした。

f:id:ScouseKats:20190907125040j:plain

 

セレブレーション会場は白河駅近くのコミネスというホールでした。過去5回のセレブレーションはアリーナでのスタンディングでしたが、今回は普通のホールなので着席形式でした。なのでまず最初に座席引換券を受け取ります。開演までまだ時間があったので近くの図書館で時間をつぶしました。

f:id:ScouseKats:20190907132513j:plain

 
そして開場。

f:id:ScouseKats:20190907133117j:plain

ロビーにはキビタンがいたので記念撮影。

f:id:ScouseKats:20190907133301j:plain

 

開演するとまずは福島県の内堀知事が登場します。毎年このセレブレーションで見るので大人気です。

f:id:ScouseKats:20190907160213j:plain

 

今回の出演アーティストの1組目は、erica。
初めて聞く人でした。
 
ステージが終わると一度開場の外に出ます。外にある飲食ブースはちょっと寂しい数で、ビールはアサヒしかないのは残念でしたが、そのビールを買ってロビーの展示を見てみました。これまでのTシャツ、参加した会の写真などが展示されていました。もちろん僕の参加したいわきのオリーブの時のもありました。

f:id:ScouseKats:20190907133837j:plain

f:id:ScouseKats:20190907170724j:plain

f:id:ScouseKats:20190907164041j:plain

 
開場の中に戻ると、シークレットゲストのステージが終わるところでした。そんなゲストがいたなんて知りませんでした。シークレットにしてたら分からないではないか。
 
そして最後がDA PUMP。これももちろん知らないアーティストでしたが、それでもUSAという曲が流行ったということくらいは知っていました。そしたらいきなり1曲めにそのUSAを歌ったので場内は大盛り上がり。DA PUMPというグループは男性6人で登場し、2人だけがマイクを持って歌い、他の4人はダンスだけのようです。そして途中のMCにより本来はもう一人メンバーがいるということを知りました。
 
アンコールでもう一度USAをやってライブステージはおしまい。これまでは毎回4組のアーティストが参加していましたが、今回はボランティアの募集も遅かったし、セレブレーションも2組プラスシークレット1組でやや規模が縮小しました。毎回セレブレーションにはあまりよく知らないアーティストばかりなのでライブ自体はそれほど興味がないのですが、それでも今日ここにいる人たちはみな同じ気持ちを持って参加したボランティア仲間です。その一体感が毎回参加する理由です。今日も実際にいわきで一緒に参加した人とも再会できて嬉しくなりました。

f:id:ScouseKats:20190907181703j:plain

 
 
さて、今日はこのまま白河に泊まりたいところですが、今日は同じ白河で福島県内では有名な風とロックのイベントが開かれており、気がついた時には白河の宿は取れませんでした。それで取ったのは郡山のホテルです。白河から郡山までは電車で移動しました。
 
郡山に着いたら行ってみたい居酒屋がありました。郡山で過ごした学生時代に、先輩に連れられて行った居酒屋ですが、卒業以来行っていません。郡山に泊まる機会はその後も何度かありましたが、そのお店は土曜日でも休むことがあるらしく、なかなか行けません。今日はやっているかとドキドキしながら店の前に行くと、今日はやっていました。ホテルにチェックインして荷物を置き、いよいよ約30年ぶりの訪問です。

f:id:ScouseKats:20190907193641j:plain

入った時は先客が一人しかいなく、やや拍子抜けでしたが、コの字カウンターに座り最初のお酒を注文するとまもなく他のお客さんも入ってくるようになり、20人弱ほどに増えました。ところが今日は店の親父さんが一人で対応しているらしく注文に時間がかかります。これ幸いと店内を見渡しながらのんびりと飲みます。

f:id:ScouseKats:20190907194055j:plain

ここのお酒は郡山の仁井田本家の酒だけを扱っています。ここで飲んだ金寶自然酒が生まれて初めてうまいと思った日本酒なのでした。今は酒蔵の代が変わり新しいラベルの酒になりましたが、今日最初に飲んだのは定番とも言える「金寶」。それから次は新しい「しぜんしゅ」。そしてもう一杯、180mlボトルで温める燗誂(かんあつらえ)。

f:id:ScouseKats:20190907194116j:plain

f:id:ScouseKats:20190907211306j:plain

味が変わったかどうかはよくわかりませんが、記憶の中にある店内風景がそう変わっていないことに感涙です。
 
店の親父さんは忙しそうにしていてなかなかカウンターに出てきてくれず、お話しすることができなかったのは残念でした。
お酒3杯と料理は冷やっこ、しめさば、いか塩辛、じゃがいもバター焼きで合計2,570円でお店を後にしました。

f:id:ScouseKats:20190907195521j:plain

f:id:ScouseKats:20190907200948j:plain

f:id:ScouseKats:20190907211508j:plain

f:id:ScouseKats:20190907215036j:plain

 
 
さて、2軒めはどうしましょうか。居酒屋はもう堪能したので次はバーへ。前に郡山に泊まったのはもう7年も前でした。その時に行ったバーを記憶に頼り探しましたが、ちょっと雰囲気が違います。でも場所に記憶があったので入ってみました。するとそこは前の「我酒飲(がしゅいん)」という名前から「963」という名前に変わっていました。とりあえずジントニックを頼み、マスターに少し話を聞くと4年ほど前にこのバーになったと言います。「963」は郡山の郵便番号でした。昔住んでいたところの近くにある日本酒の笹の川酒造がつくるその名も「963」というウィスキーがあるというので飲んでみました。

f:id:ScouseKats:20190907231344j:plain

f:id:ScouseKats:20190907221920j:plain

 
郡山に前回来たのは4年前で、その時建設中だった駅前の旧丸井跡地のホテルはすでにオープンしていたし、今は旧西武のビルがリニューアル工事中でした。街の再開発もあるでしょうが、今日30年ぶりに行った居酒屋「酒蔵金寶」は次に来るまで残っていて欲しいです。
 

f:id:ScouseKats:20190909111242j:plain

f:id:ScouseKats:20190909111312j:plain



The Collectors @水戸ライトハウス

f:id:ScouseKats:20190901163312j:plain

約2年ぶりの水戸ライトハウスでのコレクターズのライブ。
 
ライトハウスに着いたのはちょうど開場時間でしたが、チケットの整理番号は200番を超えていたのでだいぶ後になっての入場でした。開演前のBGMはビートルズソロの曲だったのは嬉しかったです。
 
ほぼ定刻通りの5時にメンバーが登場してライブが始まりました。オープニングはツアータイトルにもなっている「限界ライン」。
 
加藤ひさしさんの今日の衣装はブルー基調のユニオンジャック柄のブリティッシュなジャケットです。ベースのジェフさんはいつもジャケットを着ているイメージがありましたが、今日はTシャツ姿だったのが意外でした。
 
曲の合間のMCでは、2階フロアがあるライトハウス独特の構造について話したり、歌っている途中で歌詞がちょっと怪しかった「ロックンロールバンド人生」について、歌詞に高速道路が出てくるので、水戸に向かう常磐道で先日あった煽り運転事件を思い出したから、と言った話しをしました。
 
中盤で加藤ひさしが一度下がり、ブルースタイム。そして再登場した加藤ひさしはジミヘンのタンクトップの上にレインボーカラーの派手なジャケットにサングラスと1960年代後半のフラワーチルドレン風。
 
今回のライブでは知っている曲、というか覚えている曲はあまりやらなかった感じですがそれは聞くほうの問題です。大きな会場もいいですが、メンバーとの物理的な距離が近いライブハウスでのライブは親近感が増していいものです。
 
最後の曲の演奏後に古市コータローさんが投げたピックが僕のいる方向に飛んできましたが、前の人のあたりで落ちたので掴めず残念でした。
 

f:id:ScouseKats:20190902180341j:plain