読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北六魂祭2016 1日目

f:id:ScouseKats:20160625130807j:plain

東北六県のお祭りが一堂に会する東北六魂祭東日本大震災のあった2011年に仙台で初めて開催され、震災で大きな被害にあった岩手、福島と続き、その後山形、秋田で行われて今年は青森での開催です。
東北六魂祭は東北を一巡した今回で最後と言われ、また青森出身の友達もねぶたの跳人(はねと)として参加するというので青森まで観に行ってきました。
 
青森に行くのは1月に続き今年2回目です。
青森駅を出て最初は駅近くのまるっと青森広場を覗きました。ここは青森県内の特産品販売があり試食しながらステージイベントを観ました。
その奥の方にある東北グルメ広場に行こうとしましたが長蛇の列だったので行くのを断念して、メイン広場に行きます。
こちらでは東北6県の県庁所在市のブースがありましたが、青森市のところにかわいいミスねぶたのお姉さんがいたので思わず一緒に写真を撮ってもらいました。

f:id:ScouseKats:20160625143327j:plain

青森県内で販売されているキリン一番搾りの青森づくりを飲みながらメインステージを観ていると、ちょうど東北6祭りミスによるPRが始まりました。
先ほどのミスねぶたのお姉さんも登場しました。
 
その後ホテルにチェックインして少し休憩します。今回は当初は青森市内のホテルの予約が取れなかったので弘前のホテルを予約していました。でも直前になって青森市内で空室があったので予約をし直しました。おかげで夜の時間を気にすることなく過ごせます。
 
夕方になり再び外に出て、六魂祭のメインイベントのパレードを観に行きます。
会場となる大通りにはすでに観客が集まっていたので僕は少し後ろの方で立って観ました。
 

f:id:ScouseKats:20160625171120j:plain

最初は秋田の竿燈です。大きな竿燈を手だけではなく、肩や腰、更には額に載せると観客からは大きな拍手が沸き起こります。
竿燈が下がると次は特別参加の八戸三社大祭の山車がやってきました。山車の上が動いて大きく広がりました。
その後は順番に踊りのパレードが続きます。
 

f:id:ScouseKats:20160625172816j:plain

盛岡さんさ踊りは初めて観ましたが、太鼓のリズムがワクワクしてとても気に入りました。踊りも意外とダイナミックでかつ優雅です。
 

f:id:ScouseKats:20160625174115j:plain

f:id:ScouseKats:20160626132442j:plain

山形市長が若くてイケメンでした。
 

f:id:ScouseKats:20160625175022j:plain

七夕は動かないのでパレードするのはすずめ踊りです。扇子を持ってチュンチュン踊るのですが、時々動きを止めてポーズを作るのが面白いです。
 

f:id:ScouseKats:20160625175910j:plain

福島県の郡山に住んでた時には福島にこんなお祭りがあるとは知りませんでしたが、東北六魂祭の福島代表はこのわらじまつりです。大きなわらじをお神輿のように担いで歩きます。時々観客席に向かってわらじを傾けるサービスがありました。わらじの後ろには踊り手が続くのですが、他のお祭りが民謡調なのに対してこのわらじまつりではサンバ風というか、だいぶ現代的で、よく見れば洋風の衣装も混じっていました。
 
 
パレードの最後は地元のねぶたです。

f:id:ScouseKats:20160625182244j:plain

ねぶたは3台運行されました。地元だけあって多くの跳人が跳ねてます。
先頭には青森の市長がいましたが、他の市の市長は単に先頭を歩いているだけだったのに、青森市長はちゃんと跳ねてました。さすがねぶたの国の市長です。

f:id:ScouseKats:20160625181833j:plain

 
多くの跳人の中から友達の姿を探しましたが、みんな同じような衣装なので探しきれませんでした。
 
ここまでがパレードの往路で、もう一度戻ってくるまで少し休憩です。その間にやはりこの六魂祭を観に来た友達と合流することができました。友達は先に来ていたのか、道路側にシートを敷いて席を確保していましたので一緒に席に座らせてもらいました。先ほどよりはパレードに近づきました。
 
復路は六つのお祭りが入り混じってのパレードでした。これがまた観ていて楽しかったです。踊ってる人たちもみんなニコニコ笑顔でした。
 
すると向こうの方から跳人の友達が近づいてきました。どっちが先に気がついたかわかりませんが、お互い無事に会うことができてよかったです。

f:id:ScouseKats:20160625190404j:plain

 
パレードが終わると、合流した友達が近くの居酒屋に予約をしていた、というので突然ですが同席させてもらいました。ビールから始まり青森の地酒、魚がどんどん出てきてお腹いっぱいいただきました。

f:id:ScouseKats:20160625193945j:plain

f:id:ScouseKats:20160625200255j:plain

すると友達のお父様の元同僚の方が青森に住んでいる、ということで急遽電話で連絡を取り、その方とも合流して行きつけだというスナックに連れて行ってくれました。なんとも予想外に事態は進みますが、それもまた楽し。こうして青森の夜は更けていったのでした。