読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸室内管弦楽団

水戸芸術館のギャラリーショップで購入。 水戸室内管弦楽団の3回目のヨーロッパ演奏旅行の記録が出たので購入。ついでに2回目の記録も買っていなかったので一緒に買う。水戸室内管弦楽団と巡る ヨーロッパ音楽紀行作者: 水戸芸術館音楽部門,広瀬大介出版社…

北村薫、小路幸也、万城目学、湊かなえ

ひたちなかファッションクルーズの中のリブロで購入。出張に持って行ける文庫本を買いたいところだったけど、新刊で面白そうな単行本がそろっているので、まとめて購入。鷺と雪作者: 北村薫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/04メディア: 単行本購入: 1…

高野秀行、ドアラ

秋葉原のTOWER RECORDSでCDを買ったついでに、隣にある有隣堂で購入。辺境の旅はゾウにかぎる作者: 高野秀行出版社/メーカー: 本の雑誌社発売日: 2008/06/12メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (8件) を見るドア…

万城目学

北九州の出張に、雑誌1冊と読みかけの文庫本1冊、まだ読んでいない文庫本をもう1冊持っていったのに、出張中に全部読み終えてしまったので、帰りに福岡空港で購入。「鴨川ホルモー」の京都に続き今度は奈良が舞台。こちらも「鴨川ホルモー」同様に古都を…

万城目学

「もう一杯!!」を読み終えてしまったので、出張の帰り道に再び新大阪駅のブックストア談で購入。鴨川ホルモー (角川文庫)作者: 万城目学出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2009/02/25メディア: 文庫購入: 22人 クリック: 221回この商品を…

大竹聡

大阪出張中に行く途中で持って行った文庫本を読み終えてしまったので、新大阪駅のブックストア談で購入。もう1杯!!―『酒つま』編集長大竹聡のチャランポラン酒場歩き作者: 大竹聡出版社/メーカー: 産業編集センター発売日: 2008/12メディア: 単行本 クリック…

石持浅海、川端裕人、椎名誠、高野秀行、森見登美彦

市毛のブックオフで購入。 椎名誠の本はダブりが心配。高野秀行のもだいぶそろってきたと思う。顔のない敵 (光文社文庫)作者: 石持浅海出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/01/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 2回この商品を含むブログ (16件) を見る…

石持浅海、大崎梢、本の雑誌

ブックエース東石川店で購入Rのつく月には気をつけよう作者: 石持浅海出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2007/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (83件) を見る[asin: 4488025285:detail]家に帰ると、定期購読している「本の雑…

宮部みゆき

今日は日帰りで東京出張。金曜、土曜に引き続きまたもや上野駅のBOOK EXPRESSで購入。 「おそろし」は、現在続編が読売新聞に連載しているけど、その前段の話が単行本で出ていたので購入。 「日暮らし」は逆に、先日読み終わった「ぼんくら」の続編が文庫本…

「ロッキン ロンドン」

NHK BS2「熱中夜話」に出演した人たちで打ち上げを行うので東京に出たとき、上野駅のBOOK EXPRESSで見つけて購入。 似たような本は持っているけど、つい最近出たようなので、何か新しい情報があるかもしれない。 でも1,800円はちょっと高いかな。ロッキ…

島田佳代子

大阪の出張帰りに上野駅のBook Expressで購入。先日のNHKでの番組収録のときに一緒だった島田さんの本で、以前単行本が出たことは知っていたけど、読んだことはなかった。最近文庫本で出たということなので、せっかくの機会なので購入してみた。I love英国フ…

「新世代写真術」

水戸芸術館のショップで、ふと目についたので買ってみた。 デジタル一眼レフを持っているんだけど、パソコンに取り込んでみると、撮るときに思っていたようには撮れていなくてがっかりする事が多いので、撮影の技術というよりは考え方について書かれている本…

おすすめ文庫王国2008、おつまみ横丁

水戸リヴィンのリブロで購入。おすすめ文庫王国の方は、「酒とつまみ」の大竹編集長が「酒が飲みたい!」というタイトルで酒が飲みたくなる文庫本をセレクトしている、というので買ってみた。 おつまみ横丁のほうも、「酒とつまみ」に連載してあるおつまみを…

PUFFY、日本鉄道旅行地図帳

上野駅のBOOK EXPRESSディラ上野店で購入。ツキイチ作者: PUFFY出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/11/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道―全線・全駅・全廃線 (1) (新潮「…

宮部みゆき、伊坂幸太郎

家では読売新聞をとっているけど、1月1日から宮部みゆきの連載小説「三島屋変調百物語事続」が始まると、今朝の新聞に載っていた。 宮部みゆきは大好きな作家の一人なので、楽しみ。新聞の連載小説は今まではほとんど読んだことはないけど、今は伊坂幸太郎…

椎名誠

今週は水木と北九州出張だったけど、家に帰ってすぐ次の金土は京都と大阪の出張だった。北九州も京都も徹夜夜勤の出張、そして大阪はその京都の徹夜明けに立ち寄るというもの。もう家に帰ってくるだけでその日は使い物にならない。 今回の京都大阪の出張には…

沢木耕太郎、クリス ジョーンズ

北九州出張の帰りに、羽田空港の山下書店で購入。 沢木耕太郎は、「深夜特急」には書かれなかったエピソード、という帯の文句に惹かれて購入。「深夜特急」は高校生の頃に図書館で借りて読んで、アジアからヨーロッパまでの混沌とした旅行記に、これが現実の…

Liverpoolで購入した本

こちらは12月1日から5日までのLiverpool滞在中に購入した本の紹介です。 大きな本も買ったのでそのせいで帰りの荷物がバッグ一杯になってしまいました。 The Little Book of Liver Birds / David Cottrell 08 placeで購入。Liverpoolの街中にある、さま…

AERA記事「ビートルズの聖地を訪ねて」

Liverpoolから帰ってきて、疲れがたまっていたのか、それとも日本の空気が合わないのか:)、ちょっと風邪気味です。今日は茨城県では夜になってしとしとと雨が降ってきました。Liverpoolでも毎日のように雨は降りましたが、日本のような湿った雨ではなくて、…

高野秀行、宮部みゆき、N ホーンビィ、フリーマントル、ハンセン

市毛のブックオフで購入。 イギリスに行くのに、宮部みゆきの時代物だと気分が出ないので、ニックホーンビイと、ハンセンの本を持っていこう。 ハンセンのは、あのタイタニック号に乗船していた楽士たちの物語だそうだ。タイタニック号は船籍がLiverpoolにあ…

高野秀行

CDを買った後、同じフロアにある有隣堂で文庫本を2冊購入。巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)作者: 高野秀行出版社/メーカー: 集英社発売日: 2003/03メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (13件) を見る異国トーキョー漂流記 (集英社…

有栖川有栖、斎藤純、高野秀行、竹内真、森見登美彦

ひたちなかファッションクルーズに買い物に行ったときに、中にあるリブロで購入。 斎藤純は、本の雑誌に紹介されていた自転車本。帯に『「深夜プラス1」に比肩する興奮!』と書いてあって期待が高まる。 高野秀行は、何冊か読んできたけど面白いので、これ…

竹内真

自転車本が面白くて何冊か買ってみたけど、先日買った竹内真の「自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫)」は、新潮社の「自転車少年記」の文庫化というわけじゃなくて、別の本らしい。文庫の方を先に買ったけど、単行本の方を先に読んだ方がいいとの情報もあ…

高野秀行、竹内真

東京から戻ってきてから、市毛のブックオフで、Tポイントを使って購入。怪しいシンドバッド (集英社文庫)作者: 高野秀行出版社/メーカー: 集英社発売日: 2004/11メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 9回この商品を含むブログ (15件) を見る自転車少年記―あの…

近藤史恵、有栖川有栖、風間一輝、西澤保彦

木曜から金曜にかけて、北九州への0泊2日の徹夜夜勤出張。 手持ちの本が文庫本1冊と「本の雑誌」11月号しかなかったので、案の定途中で読むものがなくなってしまった。 でも、その「本の雑誌」の「自転車小説十傑」の中に面白そうな本が何冊もあったの…

田中啓文、米澤穂信

週末に京都に遊びで出かけるのに、読む本がなくなったので、出張の帰りに、東石川のブックエースで購入。 どちらも最近買った本が面白かったので、その続編。ハナシにならん!―笑酔亭梅寿謎解噺〈2〉 (集英社文庫)作者: 田中啓文出版社/メーカー: 集英社発売…

田中啓文

大阪に出張にきて、新大阪駅のブックストア談で購入。 表紙のイラストは僕の趣味に合わないけど、上方落語が出てくるミステリとのことで、読むのが楽しみ。ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺 (集英社文庫)作者: 田中啓文出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006…

人間ドック、立川談春、星野博美

今日は人間ドック。去年は誕生日の次の日に人間ドックを申し込んでしまったので、誕生日の夜に何も食べられず悲しい思いをしたのだけど、今年は前日札幌から帰ってきたばかり。お腹は空くし朝起きても尿検査のためにトイレにも行けず水も飲めず、おまけに検…

有栖川有栖

札幌に持って行った本が帰る途中で読み終わってしまったので、羽田空港の田辺書店で購入。妃は船を沈める作者: 有栖川有栖出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/07/18メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 41回この商品を含むブログ (89件) を見る

米澤穂信

月曜日に人間ドックに行くので、待ち時間対応に文庫本が必要になったので、出張帰りの浜松町ブックストア談で購入。 「日常の謎」のミステリだそうで、誰かのブログかなにかでこの作者のことが話題になっていたような気がする。氷菓 (角川文庫)作者: 米澤穂…

酒とつまみ11号、佐藤多佳子

いつ出るかわからない雑誌「酒とつまみ」の11号がついに出たので、上野の明正堂で購入。去年の12月に10号が出て、9ヶ月後に11号が出た。意外に早いペースなのか?帰りの電車の中で酒を飲みながら読んだけど、面白くてどんどん読み進んでしまって、…

村山早紀、山之口洋

上野駅の明正堂書店で、ロッキングオンとともに購入。 村山早紀は初めて買う作家だけど、書店に「猫好き必読」とあったので購入。 山之口洋も初めてでしかも滅多に買わない新書判のノベルスだけど、この前買った「麦酒の家の冒険」に引き続きビールがテーマ…

西澤保彦、星野博美

それぞれ少し前に読んだ本が面白かったので、BOOK OFFでまた別の本を買ってみた。彼女が死んだ夜 (角川文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2000/05メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 9回この商品を含むブログ (32件) を見る銭湯の女神 (…

雑誌AREA創刊号

今はもう買わなくなってしまったけど、朝日新聞社の週刊誌AERAを、創刊直後から2007年7月までは毎号買っていた。この雑誌は1988年5月の創刊で、僕がちょうど大学に入った年だ。親元を離れて地方の大学に行ったときに、ワンルームのアパートで一人…

堀井憲一郎、宮脇灯子

水戸芸術館の後は、水戸京成の8階にある丸善で本を購入。NHKのドラマ「ちりとてちん」熱は未だ覚めやらず、mixiである人が紹介していた落語の本を購入。それから、店頭で宮脇灯子の本を見つけたのでこれも購入。宮脇俊三の本は、高校大学の頃に熱心に読んで…

雑誌売却、星野博美、巽孝之、西澤保彦

夏休みに入って部屋の整理をして、長いこと溜めていた雑誌を処分することにした。今回は95年頃から毎月買っていたロッキングオンと、98年頃からぽつぽつと買っていたサッカー雑誌。全部で何冊分だかよくわからないけど、BOOK OFFに持っていったら1冊1…

椎名誠

名古屋からの帰り道、上野駅の中の本屋さん、ディラ上野店で購入。 この本を読んでいると無性に麺類が食べたくなる。すすれ!麺の甲子園作者: 椎名誠出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (12…

ミッチシルヴァー

昨日買った有栖川の本は、1日で読み終ってしまったので、新大阪駅の売店で次の本を購入。イアン・フレミング極秘文書 (小学館文庫)作者: ミッチシルヴァー,Mitch Silver,上野元美出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/07/04メディア: 文庫 クリック: 2回こ…

有栖川有栖

大阪の出張中、なんばのジュンク堂で購入。壁抜け男の謎作者: 有栖川有栖出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/05/01メディア: 単行本 クリック: 18回この商品を含むブログ (51件) を見る

松本清張

先日買った「松本清張傑作短篇コレクション〈上〉」が意外とおもしろかったので、BOOK OFF小倉旦過店で続きを購入。松本清張傑作短篇コレクション〈中〉 (文春文庫)作者: 松本清張,宮部みゆき出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2004/11メディア: 文庫購入: 3…

斎藤由香、雫井脩介、松本清張、「続いばらぎじゃなくていばらき」

ブックオフで文庫本やDVDを14点売って800円で買い取ってもらい、その後文庫本を4冊購入。 松本清張のは、先日記念館に行ったことや好きな作家である宮部みゆきの責任編集ということで買ってみた。窓際OL 親と上司は選べない (新潮文庫)作者: 斎藤由香…

椎名誠

小倉の喜久屋書店で購入。どちらも今月の新刊。世界おしかけ武者修行―海兵棒球始末記〈その2〉 (文春文庫)作者: 椎名誠出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/06/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る熱中大陸紀行 真昼の星 (小学館文庫)作者…

映画で甦るオールディーズ&プログラムコレクション

この本を編集したFさんと恵比寿で会った時に、頂いた。最近はハリウッド映画を観なくなったけど、昔はよく観たなあ。サウンドトラック盤はもちろん、パンフレットとかプログラムとかも通信販売なんかで手に入れてた。映画で甦るオールディーズ&プログラム・…

ビートルズ関連本

6月1日のLiverpoolでのポールのライブ、Liverpool Soundというイベントのチケットを知人を通して譲ったけど、その人からお礼にといろいろとムックを送ってもらった。これ以外にも某雑誌のビートルズの特集号のバックナンバーも3冊。どれも持っていないも…

スポーツカフェ名鑑、ドアラ写真集

北九州からの出張の帰り、浜松町のブックストア談で購入。スポーツカフェ名鑑 首都圏版 [マイコミ旅ブック] (マイコミ旅ガイド)作者: コンパッソ出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2008/05/28メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5…

Hillsborough: The Truth

シャツと一緒にクラブのインターネットのオフィシャルショップで購入。英語の本はほとんど読んだことはないけど、来年はこの本に書かれたHillsboroughの事件から20年なので、頑張って少しでも読んでみよう。 Hillsborough: The Truth (Paperback) by Phil …

「いばらぎじゃなくていばらき」

ファッションクルーズの中のリブロで購入。 茨城県の名前は「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」である。でも茨城弁で言うと濁って「いばらぎ」になってしまう。 つまり表記は「き」だけど発音は「ぎ」なのだ。 小倉のパブで僕が茨城から来ていることがちょっ…

巨大飛蝗(バッタ)飛来、宮島達男

水戸芸術館に巨大飛蝗がやってきた。もともとは2001年の横浜トリエンナーレでインターコンチネンタルホテルの壁面に出現したバッタのバルーンだったけど、今は水戸芸術館に定期的にやってくる。先日読んだ「巨大バッタの奇蹟」によると、このバッタは水…

リリーフランキー

去年の秋、雑誌「旅」に連載された、リリーフランキーがLiverpoolやLondonを訪れた時の話が、新潮社の「とんぼの本」として単行本になった。雑誌の時は最初の号しか買わなかったので、単行本になってよかった。「旅」は昔は交通公社から出ていてよく読んだけ…

ちりとてちん

前に上巻だけ買っていたけど、アマゾンで探してみると下巻の在庫があったので注文していたのが今日届いた。ちりとてちん 下 (NHK連続テレビ小説)作者: 藤本有紀,青木邦子出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2008/02/29メディア: 単行本購入: 1人 クリ…