Paul McCartney 25 Apr@東京ドーム

去年の5月に来日したものの急遽中止となってしまったライブから約1年、ポールが再び日本に来てくれました。
ライブは21日の大阪からスタートし、23日は東京で行われましたが僕はこの日が1日目です。
今回のチケットは前回とは違ってあまり希望通りとはいきませんでした。ファンクラブで25日と27日のチケットを申し込んだものの25日が取れずに23日に振り替えられてしまいました。そちらは希望者がいたので譲り、僕自身は後でチケットぴあで25日の分を改めて購入しました。そのせいかどうかわかりませんが、今日の席は2階席のかなり上の方でした。これでアリーナと同じS席というのもイマイチ理解できません。それならA席とかB席はどこなんでしょうか?アリーナと1階、2階とは席種を分けて欲しいと思います。


それでも大阪、東京とライブが行われている様子をネットで見るとだんだん期待が高くなってきます。

ライブの開場は16時30分、開演は18時30分なのですが、2年前の東京ドームで入り待ちしてポールを間近で見ることができたのに味をしめて、今日も早めに行きます。東京ドームに着いたらまずはグッズ売り場の列に並びます。そんなにたくさんのグッズを買うわけではありませんが、プログラムは買うとして、カタログを見てたらデニムジャケットがいい感じだったので買うことにしました。グッズの定番であるTシャツは別に買うつもりはなかったのですが、並んでいるうちに1つだけ欲しくなり購入しました。

次は入り待ちですがその前にお昼ご飯を食べにプロントに入りました。一人でビールを飲みながらパスタを食べていると隣に座った人もライブに来た人らしく話しかけてきました。この人はウクレレを持ってきていて、ライブでやるであろうジョージハリスンの曲、Somethingの時に掲げるんだと言っていました。話を聞くとポールが持っているのと同じ型式で同じ年代のものらしいです。ずっと探していてやっと手に入れたのだそうです。ポールがウクレレを持っている写真が表紙になっているブラジルの雑誌も一緒に持っていたので、お借りして写真を撮らせてもらいました。


さて、次は入り待ちです。2年前に来てだいたいの場所がわかったのですが、すでにファンがいっぱい待機しています。僕も3列目ぐらいで待っていました。でもなかなかポールを乗せた車が来なくて、去年のように急に体調を崩したりしてないだろうかとヒヤヒヤしながら待ちました。待つこと約1時間、16時15分頃に遠くの方から歓声が聞こえてきてだんだん車が近づいてきました。カメラマンとセキリュティが体を乗り出しながら走る車の窓からポールが手を出しているのが見えました。残念ながら写真に収めることはできませんでしたが、肉眼では少しだけ見えました。


ポールが開場入りしたら今度はサウンドチェックがあるはずです。ところが先ほどやっと到着したばかりなので、開場予定時刻の16時30分は大幅に遅くなることが予想されました。開場に入る前にビールをもう一杯飲んでいると、近くにいた人も入り待ちをしていたようで、うまく動画が撮れたとか話しているのでその動画を見せてもらってたりしました。愛知県から来たそうです。

1時間ほど遅れて開場となりましたが、まずはビールを買ってから席に移動します。席は予想どおり2階のほぼ最上段の席でした。

でも上から見るステージはそれほど遠さを感じません。アリーナ席もよく見えるのですが、アリーナ席の後ろの方よりはマシだと思うのは半分負け惜しみですが半分は本当です。


ビートルズ、ポールの曲をミックスした曲がBGMで流れる中、19時過ぎにThe Endがゆっくりと聞こえてきて急に客席の照明が落ちるといよいよポールの登場です。1曲目はビートルズのEight Days A Week。

今回の日本ツアーではMagical Mystery Tourが1曲目と聞いていたのですが、2年前と同じでした。ポールのMCは、「マタキタヨ」「ユウゲンジッコウ」といった感じで、去年ライブができなかったことで今年再来日したということを説明してくれました。2年前はこれでポールのライブを日本で見るのは最後かと思っていたのですが、また見ることができるとはその時は思いませんでした。しかし2時間半ものステージを休憩なしで過ごすポールを見ると、まだまだ最後にはならないのではという気がしてきました。

ところで前半に演奏したJetでは最後の頃の歌詞がなんだか少し乱れたような気がしました。きっと間違えちゃったのでしょう。海外のライブレポートでは時々間違えたことを聞いたことがありましたが、実際に生で見ていて間違えたのは初めてのような気がします。

また、演奏の合間に時々変なくねくねした踊りをしたのも印象に残りました。

今回のセットリストは2年前とほぼ同じでしたが、アルバムNEWからの曲が1曲、ツアータイトルにもなっているEverybody Out Thereがなくなり(!)その代わりと言っていいのでしょうか?ビデオゲームのために書いた新しい曲、Hope For The Futureを演奏しました。

開場前にウクレレの話をしたので、Somethingの時には上からアリーナ席の方を探したのですが、さすがに見つけることはできませんでした。しかしこの東京ドームで今は亡きジョージも演奏してくれたんだよなと思うと感慨深いものがあります。ポールも演奏後はステージ後ろのスクリーンに映るジョージの写真を見ていろいろ思い出しているんだろうなと思いました。

今日は開場前や会場内でもビールを飲んだので途中でトイレに行きたくならないか少し心配していたのですが、通路から4つ目の席だったことで席を離れるのが少し面倒だったせいもあり、結局行かずに済みました。ポールの場合は曲間のMCも聞き逃したくないし、アンコール待ちの時間も極端に少ないのでトイレに行くタイミングがありません。きっと聞きながら一緒に歌ったり体を動かしたりするから汗で水分が飛んでいってしまうのでしょうか?2時間半があっという間に過ぎてしまいました。

今日はスタートが遅くなったので終演も遅くなりました。今日のうちに家に帰らなくてはならなかったので、終演後はすぐに東京ドームを後にしました。

今日のセットリストはこちらに載っていました。
http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/2015/04/25_report