読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星新一・星一展、浜通りの震災遺産展

f:id:ScouseKats:20151212105302j:plain

f:id:ScouseKats:20151212113820j:plain

 いわき市草野心平記念文学館で開催されている星新一・星一展に行ってきました。
星新一は中学生の頃によく読んでいて、たぶん生まれて初めて作家を意識して読んだ本だと思います。
そして星一は星新一の父で、いわき市の出身でした。その縁でこの草野心平記念文学館でこの展示が行われているのです。
 

会場には星一の作った製薬会社の資料、星新一の原稿や小さな字で書かれた構想メモなどが展示されていて、それらの作品を読んだ中学生の頃のことを思い出しました。

 
この文学館のメインである草野心平の常設展もありましたが、草野心平の作品はそれほど知らないのでさっと見る程度でした。
 
帰りに館内で売られていた星一の本を買ってきました。
 
文学館を後にして、この日のもう一つの目的である、いわき市石炭・化石館に行きました。といっても石炭や化石の展示ではなく、「浜通りの震災遺産展」を見るのが目的です。

f:id:ScouseKats:20151212143606j:plain

いわき市だけでなく富岡町や南相馬市などで震災や津波によって被害を受けた駅名標や道路標識などが展示されていました。
実際の場所では土地のかさ上げ工事などで被害の跡がわからなくなってきているので、こうして目に見える形で保存展示していかないと記憶からも忘れられてしまいそうです。