The Bawdies @水戸ライトハウス

これまで何度かチケット入手を試みたものの人気が高く手に入れることができなかった水戸ライトハウスでのThe Bawdiesのライブ、今回は抽選に当選したので楽しみにしていました。
The Bawdiesは友達に教えてもらって以来気に入って、ロックフェスなどでは何度か見たことがありましたが、単独でのライブは初めてです。それが地元の小さなライブハウスだというのもうれしい。

開場前に近くのバーでビールを2杯飲み、クロークにコートを預けて身軽になって会場入り。入り口で払ったドリンク代はすぐにビールに交換しました。整理番号が後の方だったので客席でも後ろの方に立ちましたが、それでもステージは近いです。BGMが終わり、メンバーがステージに登場するとテンションもMAX。単独ライブはやはりメンバーも客もフェスとは違います。真ん中に立つROYが歌うためにあまり動かない代わり、両脇のギターがステージを乗り出して観客を煽ります。

実は今までROY以外のメンバーの名前が覚えられなかったのですが、今日覚えました。ステージ右側に立つのがJIMで、左側がTAXMAN、そしてドラムスがMARCYです。英語風の名前ですがみんな本名をもじってます。事前に調べたGoogleの検索で出てくる名前についてもMCのネタになってました。

MCでは他にも、水戸黄門とか納豆とかの地元ネタが出て笑わせてくれました。偕楽園の梅のことか、なぜか梅宮辰夫も?全国ツアーだと各地でこういうやり取りをするんでしょうね。アーティストも大変です。

開演から30分ぐらいで一度トイレに行くために一旦外に出て、ついでにビールを2本仕入れて再び客席に戻ります。元いた場所まで戻れるか心配しましたが、演奏が始まると周りも動き出すのでその動きに紛れて無事に戻ることができました。

演奏はアンコールも含めて約2時間、あっという間に終わってしまいました。ツアーファイナルで武道館でやるようなバンドが、地元の手を伸ばせば届きそうなくらいの、実際前の方の人は届いてたようなライブハウスに来て、それを観ることができて幸せです。

ライブが終わってもまだ8時。その後水戸の街で飲んで帰りました。ライブ終了後はバンドのInstagramやROYのTwitterでもさっそく水戸のことがつぶやかれてました。
https://instagram.com/p/zXIm_yBVIk/

ちなみに僕は、以前フェスの会場でROYと一緒に写真を撮ってもらったことがありました。
http://d.hatena.ne.jp/ScouseKats/20091231/1262497205